2018/06/18 10:25

「子どもの心」で悩んだら...解決のヒントは児童文学に!

「子どもの心」で悩んだら...解決のヒントは児童文学に!
「子どもの心」で悩んだら...解決のヒントは児童文学に!

子育てに悩みはつきもの。特に子どもが成長するにつれて、生活習慣に関する悩みとはまた別に、心の成長に伴う新たな悩みも発生します。

「子どもが友人関係で悩んでいるとき、どう話してあげればいいのかな」「身近な人の死に触れたとき、どんなケアが適切なんだろう」…。子どもの心に関する悩みは、答えがあってないようなもの。だからこそ、解決が難しい。そんなとき、役に立つのが児童文学。昔繰り返し読んでいたあの名作に、子育てのヒントやお手本が隠されているのです。

「若草物語」から学ぶ欠点との付き合い方

子どもは成長するに従って、自分の良いところ、悪いところを自覚するようになります。自分で気づくこともあるでしょうし、他人に指摘されて気づくこともあるでしょう。子どもが自分の短所とどう向き合うべきか、欠点との付き合い方をどう教えてあげるべきか…。これってなかなか難しい問題です。

そこで、ご紹介したいのが「若草物語」。南北戦争時代のアメリカで、4姉妹のつつましくも明るく愛にあふれた日々を描いた名作です。ここでは、主人公である4姉妹の母親、マーチ夫人にスポットをあててみましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >