2019/01/19 06:00

大相撲は崖っぷち? 新元号になる5月場所に横綱不在の可能性も

大相撲は崖っぷち? 新元号になる5月場所に横綱不在の可能性も
大相撲は崖っぷち? 新元号になる5月場所に横綱不在の可能性も

稀勢の里引退だけではない懸念点

ついに横綱・稀勢の里が引退、在任わずか2年

大相撲初場所(1月場所)、初日から3連敗を喫した横綱・稀勢の里が引退することとなりました。稀勢の里が横綱に昇進したのは、今から約2年前の2017年1月場所後のこと。約19年ぶりとなる日本人横綱が誕生したということで、相撲界だけでなく日本全体が大きく盛り上がったのが昨日のことのようです。

しかし、ケガの後遺症で本来の相撲が取れず、あっという間に引退を余儀なくされたのは残念の一言に尽きます。

冷静に振り返れば、引退は時間の問題だった?

しかし、冷静に振り返ってみると、2年間も横綱の地位にいたこと自体が疑問だったと言えます。何しろ、横綱に昇進した2017年春場所(3月場所)以降の11場所(注:今回の1月場所を含まず)において、千秋楽まで皆勤したのがわずか2場所しかありませんでした。つまり、11場所のうち9場所も休場(全休4場所を含む)していたわけです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >