2019/01/26 10:00

子猫のウェンズデーが保護施設からやってきた〜ニュージーランド流ペット入手法

子猫のウェンズデーが保護施設からやってきた〜ニュージーランド流ペット入手法
子猫のウェンズデーが保護施設からやってきた〜ニュージーランド流ペット入手法

ニュージーランドのペットショップを覗いてみると、ちょっと意外な光景に出くわします。フロアにはペット用品ばかりが並び、動物といえば金魚やモルモット、ウサギをほんの一角で扱う程度。犬や猫は見かけません。

それでも公園に行けば、飼い主と一緒に散歩する犬に会いますし、家々の窓辺に猫がのんびり昼寝しているのを目にします。いったい、こうした犬や猫はどこからやって来るのでしょうか。

人々の熱意で支えられる保護施設

筆者宅で飼う猫のウェンズデーは動物保護施設出身です。犬や猫を飼おうと思ったら、施設から譲り受けるのがニュージーランド流※。そんな施設の代表が、「ロイヤル・ニュージーランド・ソサエティー・フォー・ザ・プリベンション・オブ・クルーエルティ・トゥ・アニマルズ」。(※ブリーダーから入手するなどの方法もあります)

通称「SPCA」と呼ばれ、世界で最も長い歴史を誇る英国の同名団体の流れをくんでいます。国内拠点は38カ所。捨てられている動物を引き取り里親を探すだけでなく、法的権限を持っているので、動物を虐待する飼い主を訴えることもできる組織です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >