2019/01/29 08:00

”年収で家事育児分担を決める”問題、そもそも男女は平等なのか?

”年収で家事育児分担を決める”問題、そもそも男女は平等なのか?
”年収で家事育児分担を決める”問題、そもそも男女は平等なのか?

大事なのは「労わり合い、協力すること」

「年収によって家事育児の分担を分ける」という考え方がありますよね。一見わかりやすく、合理的なようですが、無理な部分も出てこないでしょうか。

なぜ年収と家事育児は簡単に結び付けられるものではないのか、具体的に物理面と精神面から見てみましょう。

まず「男女不平等」について考える

現代では何でも「男女平等」が叫ばれます。仕事をしたい派の筆者も、男女平等である現代に生まれてよかったと思っています。

ただ、何でも「男女平等」としていると、無理が出てくるのもたしかです。なぜなら男女は、本来平等には作られていません。

そもそも全てが男女平等であったら、性差はなくなってしまうでしょう。これは「どっちが上で、どっちが下か」という意味ではなく、自然に作られた「ただの違い」なのです。

そして「男女平等」を考えるときには、まず「男女不平等」について、先に議論する必要があるのではないでしょうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >