2019/01/31 08:00

ヤレる女子大生、アイドル暴行事件での発言…「時代遅れ」批判に意味はあるのか

ヤレる女子大生、アイドル暴行事件での発言…「時代遅れ」批判に意味はあるのか
ヤレる女子大生、アイドル暴行事件での発言…「時代遅れ」批判に意味はあるのか

2019年がスタートして早1カ月。今月は、女性差別やジェンダーにまつわるさまざまな問題が取り沙汰され、世間を賑わせた1カ月でした。

女性差別的な問題が話題になると、最近では必ずと言っていいほど「時代の変化をわかっていない」という批判の声が出ます。「今は女性も活躍する時代だから」「昔と違って女性のことを尊重しないといけない」という意見は誠実な考えのように見えますが、果たして本当にそうでしょうか。

今回は、年明けからの1カ月間に世間を賑わせた女性差別的なトピックや、それに対する反応について考えてみました。

1月に起きたさまざまな女性差別的な問題

振り返ってみると、「週刊SPA!」が女子大生を大学別にランク付けした性的な記事「ヤレる女子大学生RANKING」を掲載、「噂の東京マガジン」における「やってTRY!」コーナーが女性差別的だとして批判。

「ワイドナショー」ではNGT48山口真帆さん暴行事件にコメントした指原莉乃さんに対するダウンタウン松本人志さんの「お得意の体を使って」発言、下着メーカーが自社製品サプリの使い方にデートレイプドラッグを彷彿とさせる「こっそり飲ませる」という記述をするなど、2019年に入ってから問題視された女性にまつわる話題は枚挙にいとまがありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >