2019/02/10 19:45

PTAのブラックさはなぜ変わらないのか~幼稚園PTA会長の過酷な日々

PTAのブラックさはなぜ変わらないのか~幼稚園PTA会長の過酷な日々
PTAのブラックさはなぜ変わらないのか~幼稚園PTA会長の過酷な日々

幼稚園や子ども園には、小中学校のPTAのような組織を持つ園が多くあります。筆者が3年前に経験したのが、年間出動回数が70回に迫る「会長」というポジションでした。

前任者による過干渉、任期途中の妊娠発覚、役員制度の廃止など、様々なできごとを経て得られた「教訓」とは?

縁がないと思っていた「PTA会長」になってしまった…

幼稚園のPTAの特色は、園によって全く異なります。行事ごとに全ての保護者に係を振り分ける園があれば、1年間を通じて特定の役員が園の活動のサポートをするという場合もあります。

筆者が子どもを通わせていたのは、預かり保育が充実し、共働き家庭が多いアットホームな雰囲気の幼稚園。アジア系外国人の子どもも多く在園していました。

仕事をするために選択した幼稚園でしたが、PTA活動が盛んで「役員の重役につくと、負担が大きい」というのは、ちょっと気になるポイントでした。

1人目の子どものときには、「2人目の子が小さい」という理由で、負担の軽いベルマーク委員を担当。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >