2019/02/12 10:45

義両親の「嫁ハラ」、どうすればいいの? すれ違う昭和の義父と現代の嫁

一方でAさんは大学から東京に出て、そのまま就職。結婚後退職し、転勤族として各地を転々とした後、義実家の近くへ引っ越してきました。女子高育ちで男女平等という考えを持っており、また自分の考えもあるタイプ。何でも義父の言うことを聞くわけではなく、自分の意見や時にはお医者さんの意見も交え説明していたそうです。

Aさん夫婦も、義両親の望むような夫婦ではありませんでした。「男が引っ張り、女がついていくもの」と義父は言うものの、夫は中性的なタイプ。優しくて大人しく、優柔不断なところもあり、何でもAさんに決めてもらいたがります。一方のAさんは自分があり、責任感が強い性格。義父の思う男女像が逆になっていたのです。

今までも、嫁ハラなるものはあったでしょう。ただ近年になり、環境が一変しました。女性も上京したり、大学へ行って知識や教養を付けたり、仕事を持つ人が増えました。また、核家族や共働きと、社会も「多様な家族の形や男女の在り方」への過渡期にあります。そのため「姑よりも舅に悩む」という女性側の声も出てきています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >