2019/02/15 19:45

増加する孤独死と高齢者の賃貸契約問題、対策は待ったなし!

増加する孤独死と高齢者の賃貸契約問題、対策は待ったなし!
増加する孤独死と高齢者の賃貸契約問題、対策は待ったなし!

一人暮らしの高齢者の増加で懸念される「孤独死」

冬の時期になるとテレビや新聞で、一人暮らしのお年寄りの家が火事になったというニュースがよく報道されています。こうしたニュースは年々増えているようです。それだけ一人暮らしの高齢者が増えているのでしょう。

一人暮らしの高齢者が増える中、避けて通れないのが「孤独死」です。孤独死とは、一人暮らしの人が誰にも看取られること無く死亡することを言い、基本的に自殺は含まれません。生活中の突発的な疾病(心臓発作や脳出血など)によって死亡するケースもありますが、高齢者の持病が重篤化してそのまま亡くなるパターンが「孤独死」のイメージではないでしょうか。

国立社会保障・人口問題研究所が昨年(2018年1月)公表した今後の世帯数予測を見ると、現在既に社会問題化しつつある孤独死が、より一層深刻になる可能性が高まっていることが見て取れます。

孤独死で亡くなる高齢者(65歳以上)は決して珍しくはない

ところで、現在の日本社会において孤独死で亡くなる高齢者はどれくらいいるのでしょうか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >