2019/02/18 18:15

バンクシーなら落書きも合法? 東京都の矛盾した対応に集まる批判

バンクシーなら落書きも合法? 東京都の矛盾した対応に集まる批判
バンクシーなら落書きも合法? 東京都の矛盾した対応に集まる批判

ビジネス、今日のひとネタ

街を歩いていると、建物のシャッターや看板にスプレーで絵や文字が描かれているのをしばしば目にします。いわゆる「グラフィティ」と呼ばれるストリートアートですが、あるグラフィティが議論を呼んでいます。

話題となっているのは、東京都港区の防潮扉に描かれていたネズミの絵。世界的に著名なアーティスト・バンクシーの作品ではないかとして、都が保全・調査に乗り出したのです。

秘密に包まれたアーティスト

ネズミの絵は、いつ描かれたものか正確にはわかりませんが、2009年にはすでにあったようで、それを2018年末に近隣住民が「バンクシーの作品では?」と都に問い合わせたことが今回の騒動につながりました。

バンクシーは本名や素顔を公開しておらず、イギリスを中心に風刺のきいた絵を街中に描くストリートアーティストです。2018年10月に行われたオークションで、落札直後に自身の作品をあらかじめ額縁に仕込んであったシュレッダーによって裁断したことは、みなさんも記憶に新しいのではないでしょうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >