2019/03/04 10:45

「いじめをなくそう」は理想論? 我が子にふりかかる前に何を教えるか

「いじめをなくそう」は理想論? 我が子にふりかかる前に何を教えるか
「いじめをなくそう」は理想論? 我が子にふりかかる前に何を教えるか

「いじめ」という軽い言葉で片付けてもいいのか…。信じられないような酷い「いじめ」の内容をテレビや雑誌で目にするたびに親として胸が痛みます。また、いじめを苦に悲しい結末を選んでしまった子どもたちのことを思うと、言葉に詰まります。

「いじめ」が心に与える傷とは何か。今回はいじめられた経験のある方のお話をご紹介します。

いじめたほうは「他人事」

いじめを受けた側は、今後の人生に影響を及ぼしてしまう深い深い傷を心に負います。では、いじめたほうはどうなのでしょうか。

自分が行った愚かな行為を恥じ、悔いて残りの人生を償いのために生きていくのでしょうか。そこまで行かずとも、折りに触れそのことを思い出し、胸を痛め、後悔の念にかられるのでしょうか。

残念ながら答えは「NO」です。

いじめを行った大半の人は、そんなことなど忘却の彼方。もしかしたらテレビのニュースを見るたびに、自分のことを棚にあげて「こんな酷いことをするなんて許せない」と憤っているかもしれません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >