2017/12/01 07:00

運用のカリスマに聞く後編:藤野英人さん「マーケットという横暴な歌手と付き合えるか」

運用のカリスマに聞く後編:藤野英人さん「マーケットという横暴な歌手と付き合えるか」
運用のカリスマに聞く後編:藤野英人さん「マーケットという横暴な歌手と付き合えるか」

前編はこちら >>

 いま日本でいちばん話題になっている投資信託のひとつである「ひふみ投信」。これを運用、販売するレオス・キャピタルワークスの代表取締役社長であり、最高投資責任者でもある藤野英人さんへのインタビュー後編は、ファンドマネジャーのお仕事について伺いました。

 

エキサイティングな個性あふれる経営者たち

◆ファンドマネジャーとして企業取材をしている中で、印象に残っている方は?

 中堅企業や成長中のベンチャー企業の社長さんたちと毎日のように会っていたころは、彼らからダイレクトに自らの仕事への情熱を語ってもらったり、地方の目立たない会社が実は世界の産業を支える部品を造っていると知ってワクワクしたり、工場見学では誇りを持って働く従業員たちに感動したりと、すべてが印象に残っています。

 企業取材している中で気づいたのは、私たちが手がけている企業への投資とは、株価への投資ではなく、「人への投資」ではないかということでした。投資先を決めるときには、長期的に利益を上げていける会社かということをじっくり見極めていくわけですが、そこで要になるのは、やはり「人」なのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >