2017/11/30 06:00

S&Pが『南アフリカ』を投機的水準に格下げ

S&Pが『南アフリカ』を投機的水準に格下げ
S&Pが『南アフリカ』を投機的水準に格下げ

<今日のキーワード>

『南アフリカ』では、このところ同国債と通貨ランドが軟調な動きとなっていました。この背景には、10月に発表された中期財政計画において財政見通しが下方修正されたことや、来月予定されている与党の党首選に向けて政治的な不透明感が高まっていることなどがあります。11月24日には、こうした動向を受けて大手格付け機関のS&Pグローバル・レーティング(以下、S&P)が『南アフリカ』の長期債務の格付けを引き下げました。

 

【ポイント1】S&Pが自国通貨建て長期債務を投機的水準に格下げ

今年4月にも格下げを実施

■11月24日、S&Pは『南アフリカ』の自国通貨建ての長期債務格付けを投資適格のうち最も低い「BBBー(トリプルBマイナス)」から「BB+(ダブルBプラス)」へ、外貨建ての長期債務格付けを「BB+」から「BB(ダブルB)」へ、それぞれ一段階引き下げました。一般に、「BB+」以下は投機的な格付けとされます。S&Pは、今年4月にも『南アフリカ』の自国通貨建て及び外貨建て長期債務の格付けを引き下げました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >