2018/05/30 08:53

暴落は「怖い?」「安い?」市場にふりまわされない投資家のこころえ

暴落は「怖い?」「安い?」市場にふりまわされない投資家のこころえ
暴落は「怖い?」「安い?」市場にふりまわされない投資家のこころえ

 2018年は年初から日本株が大きく下がる日が何度もありました。そのときにどのような感情が出てきましたか? 
「怖い」ですか、それとも「安い」ですか?

 一度や二度の急落は、「利益が減ってしまったな…」くらいのもので、「怖い」というまでにならなかった方も少なくないかもしれません。しかし、心理的に真に問われる局面は、資産が減っている状態で、さらに大きく下がったときです。(あくまでも私見ですが、)うまくいく人とうまくいかない人の差は、株価が下がってきたときに、「怖い」という感情が出てきて、一喜一憂してしまうか否かの差です。

 うまくいかない人は、株価の上下を見て「上がる株=良い会社」「下がる株=悪い会社」という捉え方をしているように見えます。うまくいく人は、株価ではなく、その会社の事業をきちんと見ています。このため、株価の上下だけで良し悪しを判断するということはありません。たとえ株価が低迷していようが、事業がしっかりしていて本来価値と比べて割安であれば、「悪い会社」ではなく「安い会社」に見えるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >