2018/04/18 08:06

お金が持つ3つの自由~その論理的帰結~

お金が持つ3つの自由~その論理的帰結~
お金が持つ3つの自由~その論理的帰結~

お金は自由だ!

 今回は、お金の運用と金融サービスについて根本的に考える場合に重要だと筆者が思う「お金が持つ3つの自由」と、その結果、論理的に何が言えるかについてお伝えしたい。先入観を捨てて考えるとお金とは意外なくらい自由なものなのだが、多くの人や金融サービスがその自由を無意味に制約している。筆者が考えるお金の自由とは、以下の3つだ。
 

【お金が持つ3つの自由】

  1. 使い道の自由
  2. 大きさの自由
  3. 形の自由

順に説明しよう。

 

1. 使い道の自由

 お金の使い道は、お金の持ち主が「後で」自由に決めることができる。これが、お金の持つ1つ目の自由だ。

 たとえば、現在1,000万円持っているサラリーマンがいるとして、彼はそのお金を老後の生活に備えて取っておいてもいいし、子供の教育費に使ってもいいし、医療費として一部使わなければならないかも知れないし、単に遊興に使ってもいい。

  一方、将来必要な支出がある場合に、現在の支出を諦めなければならないといった、支出目的別の優先度合いは考えなければならない。現実を踏まえた計画性は重要だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >