2018/06/17 11:10

本邦初公開、米海軍病院船「マーシー」の船内は? 浮かぶ総合病院の最新設備と工夫

米海軍の病院船「マーシー」。同名の米海軍艦船としては3代目にあたる(2018年6月16日、矢作真弓撮影)。
米海軍の病院船「マーシー」。同名の米海軍艦船としては3代目にあたる(2018年6月16日、矢作真弓撮影)。

米海軍が運用する「病院船」が初来日し、一般公開されました。世界でも珍しい部類に入る「病院船」という、ちょっと特殊な船を、船内写真とともに紹介します。

同名船としては3代目、すべて病院船

 2018年6月16日(土)に、米海軍病院船「マーシー」の、東京初寄港にともなう一般公開が行われました。「病院船」とはその名の通り、病院施設を備えた船のことで、「マーシー」は1986(昭和61)年から米海軍で運用されています。世界でも珍しい部類に入るもので、日本の自衛隊では同様の船は運用されていません。

 米海軍において、「慈悲」を意味する「マーシー(Mercy)」の船名は古く、現在の船は3代目になります。

 まず、1907(明治40)年に「サラトガ」という船が建造されました。第一次大戦開戦から、最初の9ヶ月間に渡って軍隊の輸送任務を行った「サラトガ」は、その後「マーシー」と改名されて、ニューヨークのブルックリンを拠点とする病院船に転用されました。ここで、初めて「マーシー」という名の病院船が誕生しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >