2017/07/05 06:00

【衝撃インタビュー】大学院を出て就職後わずか2週間で退職! 人生のレールを踏み外した男に話を聞いた

【衝撃インタビュー】大学院を出て就職後わずか2週間で退職! 人生のレールを踏み外した男に話を聞いた
【衝撃インタビュー】大学院を出て就職後わずか2週間で退職! 人生のレールを踏み外した男に話を聞いた
日本は学歴社会と言われているように、一流企業で勤めるためには一流の大学を卒業する必要があり、一流の大学に入るためには高校時代も熱心に勉強をしなければならないというような風潮があります。もちろん学歴だけがすべてではありませんが、一般的には学歴が良いほど就職などが有利になるのは紛れもない事実だと言えるでしょう。

一流企業に就職したエリートの知人
記者の知人にも一人、一流の大学を卒業後そのまま大学院に入り、今年の春から一流の企業に就職したという典型的なエリートがいました。名前は田中丸純一といい、年齢はまだ24歳。勉強ができるだけでなくスポーツも万能で、性格も非常によく献身的。一緒のチームで野球をしても生真面目なデキた男でした。


突然仕事をやめていた
ところが先日、田中丸さんを含む友人たちと会ってバーベキューをしたのですが、なんと一流企業に就職してわずか2週間で退職してしまい、現在は原付バイクで全国を放浪する旅人としてアルバイトをしながら暮らしているのだそうです。典型的な高学歴で、人生の成功者としてのレールを着実に歩んでいた男がどうして突然仕事を辞め、自らレールを踏み外すような決断をしてしまったのでしょうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >