2017/06/24 07:00

10歳以下は要注意! 子ども用サンダルを選ぶなら○○をチェック

© artshotphoto - Fotolia.com



夏はママだけでなく、子どももサンダルでお出かけしたくなりますよね。でも、子どものうちは、足も成長段階にある大切な時期。

「かわいい」とデザインだけで子どものサンダル選びをしてしまうと、足に負担を与える結果になってしまうかもしれません。靴と同じように、サンダル選びにもしっかり気を配りましょう。

■一番重視すべきはコレ!

子どもの足が大人と同じようにしっかりできあがるのは、11~12歳頃といわれています。それまでは足も成長段階にある大切な時期。サンダルも靴と同じように、デザインのかわいさだけでなく機能性重視で選びましょう。

ポイントは、かかとやつま先をカバーしているタイプを選ぶこと。小さい子どもはまだかかとが安定していないので、かかとが保護されている形状でないと、履いたときに重心移動が上手にできなくなってしまうのです。

また、つま先が露出していると、ぶつけたり挟んだりしてケガの原因になることもあります。とくにベビーサンダルの場合は、つま先を覆うデザインのものを選んだ方がよいでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >