2017/08/08 19:00

【ワーママ試練の学童弁当 第2回】夏休みに学童通い。せめて弁当ぐらい好きなものを


© milatas - Fotolia.com


子どもは夏休み。でもワーママはもちろんお仕事。そんな子どもの夏休みで頭を悩ませるのが、毎日のお弁当作り。暑い夏場、お弁当を冷蔵庫で保存してくれるわけではないので、痛みが心配になります。また、毎日変わり映えしなお弁当では、せっかくの夏休みにがんばって学童通いしてくれる子どもにも申し訳ない気持ちに。

そこで「ワーママ試練の学童弁当」第2回は、料理研究家の田内しょうこさんに、簡単にできて、子どもが大好きな料理のお弁当レシピを伺いました。


【田内しょうこ プロフィール】
アメリカ・カリフォルニア州の女子大を卒業後、出版社勤務を経てフリーに。雑誌・ウェブなどメディアで料理レシピを提供するほか、企業向けセミナー、育休ママ向け時短料理ワークショップ、時短料理教室、食にまつわる取材やライティングなど幅広く活動。著書に『時短料理のきほん』(草思社)、『忙しいママでもできる! 毎日の時短ごはん』(辰巳出版株式会社)などがある。
Blog:http://tauchishoko.seesaa.net/
Twitter:@oyakogohan

いつものご飯モノ弁当もいいけれど、たまには麺モノ弁当でスペシャル感を出してみませんか? 子どもはパスタや中華麺など麺類が大好き。食欲が落ちがちの夏には、おすすめの食材です。

»ワーママ試練の学童弁当 第1回はコチラ

そこで、今回は2つの麺モノ弁当をご紹介します。

■子どもが大好き!ミートソースパスタ弁当
学童弁当レシピ

<材料>
ミートソース(事前に作り置き。作り方は★) 1カップ
好みのショートパスタ 80g
インゲン 4本
パルメザンチーズ 適量

<作り方>
1、塩を入れた湯で、ショートパスタをゆでる。一緒に湯でインゲンもゆでる。

2、フライパンにミートソースを温め、1のインゲンを2cm長さに切って加える。ゆであがったパスタの水を切り、全体をよくあえる。

3、お弁当箱につめて、できあがり。

※ ショートパスタはのびづらく、時間がたってもくっつかないのでお弁当にはおすすめです。
※ 加える野菜はインゲンのほか、なす、ズッキーニ、ピーマンなどなんでもお好みで。これらの野菜の場合には、食べやすい大きさに切り、フライパンでオリーブオイルを熱して焼きます。野菜に火が通ってからミートソースを加え、ゆであがったパスタに混ぜてください。


★事前に作り置き ミートソース
<材料>
合いびき肉 300g
塩 小さじ1/2
玉ねぎ(小) 1/2個
にんじん(小) 1/2本
にんにく 1かけ
ホールトマト缶 1缶
トマトケチャップ 大さじ2
中濃ソース(ウスターソース) 大さじ1
ローリエ(あれば) 1枚
オリーブオイル 大さじ1

<作り方>
1、フライパンにオリーブオイルを熱し、合いびき肉を塩をふって炒めはじめる。
はじめはあまり触らず、表面にいい焼き色がついたら、ほぐしながら炒めます。
2、玉ねぎとにんじん、にんにくのみじん切り(フードプロセッサがあると早い)を加えてよく炒め合わせる。
3、野菜がしんなりしたら、ホールトマト缶とケチャップ、ソース、ローリエを加え、時々混ぜながら中火で5~8分煮てから、塩こしょうで味をととのえる。

※保存期間の目安は、冷蔵で5日、冷凍で30日ほどとなります。お弁当に利用する際には、かならず再加熱してご利用ください。


→詳しくは、『忙しいママでもできる! 毎日の時短ごはん』(辰巳出版株式会社)参照。


■ひき肉のあんがおいしい! ジャージャー麺弁当
学童弁当レシピ

<材料>
中華麺 1玉
ジャージャー麺のあん 1/2カップ強(事前に作り置き。作り方は★)
きゅうり 1/2本
ねぎ(白髪ねぎ用) 5cm
ミニトマト 1個
ごま油 小さじ1

<作り方>
1、中華麺はゆで、冷水で水洗いして水を切る。ごま油をからめる。

2、お弁当箱に1を入れ、細切りにしたきゅうり、白髪ねぎ、ジャージャー麺のあんをのせ、ミニトマトを飾る。

※プチトマトのヘタには細菌がつきやすいので、必ず取って入れましょう。


★事前に作り置き ジャージャー麺のあん
<材料 約4人分>
豚ひき肉 200g
白ねぎ 10cm
しょうが 1かけ
しいたけ 2枚

酒 大さじ1
醤油 大さじ2
味噌 大さじ2
砂糖 大さじ2
鶏ガラスープのもと 小さじ1
水 200ml
片栗粉 大さじ1(倍量の水でとく)

<作り方>
1、白ねぎとしょうが、しいたけはみじん切りにする。
2、フライパンにサラダ油を熱し、ねぎとしょうがを炒める。香りがたったら豚ひき肉を入れ、ポロポロになるまで炒める。しいたけも加えて炒め合わせる。
3、酒、醤油、味噌、砂糖を入れてよく混ぜ合わせ、鶏ガラスープのもとと水を加えて2〜3分煮る。
4、水とき片栗粉を回し入れ、とろみをつける。

※保存期間の目安は、冷蔵で5日、冷凍で30日ほどとなります。お弁当に利用する際には、かならず再加熱してください。



麺が伸びにくいショートパスタを利用したり、麺がくっつかないように少し油をからめたり、ちょっと工夫すれば簡単でおいしい麺モノ弁当のできあがり!
ぜひ試してみてくださいね。

協力:『忙しいママでもできる! 毎日の時短ごはん』(辰巳出版株式会社)

【田内しょうこさん「毎日おいしい時短ごはん」】

(まちとこ出版社)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >