2017/08/29 09:05

ママやるじゃん! と言われた「読書感想文」のお手伝い法【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.4】

夏休み終盤。宿題計画的にやれる子、やれない子様々だと思います。
我が家の子どもたちもそれぞれですが、末っ子は紛れもなく後者です(笑)

特に憂鬱になるのが読書感想文。
感じたこと、思ったことはあるはずなのに、それをあらためて文章にするのって慣れないと難しいんですよね。放っておくとあらすじばっかりになるし。
「読書感想文が書ける本」なんてのも借りたこともありましたが、なんせそれを読むこと事態面倒がる…なんとか読んでも結局書いてある内容、工程が面倒、憂鬱となってしまう。
どうしたもんか…
一昨年3年生の時のエピソードです。



このようにインタビュー方式というか、ママに教えて~って普段のおしゃべりの延長だと、面白い以外の感想がどんどん出てくるんです。つまり、感想文を書くと思うとハードルが高くても、親しい人に自分の思いを伝えるというスタンスならハードルはぐっと低くなるようです。
あとはそれを文章化するだけ…なのですがここでポイントが

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >