2017/10/26 13:00

ママも恋のトキメキ思い出す! 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

「先生! 、、、好きになってもいいですか?」10月28日(土)公開
「先生! 、、、好きになってもいいですか?」10月28日(土)公開

© 河原和音/集英社 © 2017 映画「先生!」製作委員会


「恋って、やっぱりいいねーっ!!」。映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は鑑賞後、そんな言葉を大声で叫びたくなるような、甘酸っぱく、たくさんのトキメキを呼び起こしてくれるラブストーリー。

“先生と生徒”の切ない恋愛を描いた河原和音原作の少女漫画を実写化した本作で、生田斗真が演じるのは、感情を表に出さない社会科教師・伊藤貢作響(広瀬すず)をとりこにする彼からあふれるのは、えも言われぬ“大人の男性”としてのカッコよさ。無造作ヘアに、メガネ、スーツを身につけた生田は、一見さえない教師でありながら、ところどころで放つ“いい男オーラ”がとにかくすごいのです。

■生田斗真の隠し切れない、大人の男性としての魅力

NHK『天才!テレビくん』に出演していた頃から、早20年。学生、刑事、捜査官はたまたトランスジェンダーの女性役など、役者として着実にキャリアを重ねてきた生田も30代となり、大人の色気が漂う男性に。

そんな生田演じる無愛想な教師が、ふと見せる優しさや笑顔にはトキメキ&ニヤツキが止まりません。当然、彼の魅力に女性陣が気付かないはずもなく、響のほかに美人教師・中島幸子(比嘉愛未)からも思いを寄せられるなど、心の奥に秘めた優しさで女性たちを惹きつけています。
「先生! 、、、好きになってもいいですか?」10月28日(土)公開

© 河原和音/集英社 © 2017 映画「先生!」製作委員会


注目すべきは、響に対してあくまで大人の男性(なにより先生)として振る舞ってきた伊藤が、ある日突然、屋上で見せるキス&ハグ。響がかなわない恋という現実を受け止め、“きちんとフラれよう”としているさなかに訪れる運命の瞬間です。生田と広瀬という、まさに少女漫画から飛び出したかのような2人のキスは、一瞬、時の流れが止まったのではと感じるほどの美しさ。

そして“キスをすると人を好きになる”というどこかで聞いたことのある原理と同じなのか、このキスの後からなぜかスクリーンに映る伊藤先生がより一層カッコよく見えてくるから不思議…。憧れの年上男性、しかも先生からのキスといえば胸キュン必至! と同時に、先生と生徒という壁を越えてしまったことで、物語は大きな転機を迎えます。

■青春あるあるの恋愛感情を追体験!
「先生! 、、、好きになってもいいですか?」10月28日(土)公開

© 河原和音/集英社 © 2017 映画「先生!」製作委員会


伊藤に初めての恋をする内気な女子高生を演じる広瀬すず。全編をとおし、広瀬が魅せた声の演技には感嘆しきり。相手が誰であるかによって繊細に声色を使い分け、感情を豊かに表現しています。それによって、観る者も自然と響の心情に寄り添うことができるのです。

はじめは本人すら気付いていなかった伊藤への恋心。それは、だれでも一度は経験するだろう、「好きじゃなかったはずなのに、どんどん相手が気になっていく…」という青春あるある。そして、いちずに伊藤を思う響は「その人を思うだけで、心が温かくなる」といった、片思いならではの感情の高ぶりや喜びなどを追体験させてくれます。

先日行われた完成披露試写会で、生田が「広瀬すず史上最強にかわいい映画ができたと思っています。数年は更新されることはないでしょう」と話していたように、全力で悩み、笑い、悲しみ、喜ぶ姿は、すべてがかわいくてたまらない! 女性であっても、思わず「守ってあげたい」と思ってしまうヒロインの愛らしさは、男性ならずとも必見です。

■純愛のトキメキや甘酸っぱい記憶がよみがえるラブストーリー
「先生! 、、、好きになってもいいですか?」10月28日(土)公開

© 河原和音/集英社 © 2017 映画「先生!」製作委員会


「俺はやめとけ。俺が教師で、おまえが生徒だからだ」――。こんなにも歯がゆく、やりきれない言葉があるでしょうか。どんな恋愛にも困難が付きものですが、先生と生徒という立場の壁はその最たるもの。かといって、この『先生!』には“禁断の愛”にはツキモノともいえるドロドロの展開はまったくなく、ひたすら純愛を貫いていくからこそ、心が動かされます。

そして、響の親友である同じ高校の千草(森川葵)、浩介(竜星涼)もまた、この物語にはなくてはならない存在。いつでも友達のことを思い、感情をむき出しにして突き進む姿は微笑ましく、自分のことを無条件で受け入れ、支えてくれる人の温かさに、あらためて気付かせてくれます。
「先生! 、、、好きになってもいいですか?」10月28日(土)公開

© 河原和音/集英社 © 2017 映画「先生!」製作委員会


初恋、友情といったキラキラとした“ザ・少女漫画”の要素は存分に生かしつつ、登場人物の心の移り変わりの繊細さは、単なる少女漫画の範疇には収まらない、まさに“いいとこ取り”の純愛物語。恥ずかしながら、年齢は完全に先生サイドなはずなのに、響に感情移入し何度ドキドキしたことか…。

恋愛からは遠ざかってしまっているママ。でも、やっぱり純愛を貫くことのすばらしさやトキメキってとても懐かしくて、甘酸っぱい記憶も思い出される。学生時代の片思いのとき、夫に恋したときの気持ちも思い出せるかも。そんな胸キュンを実感できる『先生! 、、、好きになってもいいですか?』。大人の魅力あふれ出る生田、そして、どんな表情でもひたすらかわいい広瀬という愛すべき2人の恋の行方を、ぜひとも映画館で見届けてみてはいかがでしょうか?

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』
「先生! 、、、好きになってもいいですか?」10月28日(土)公開

© 河原和音/集英社 © 2017 映画「先生!」製作委員会


10月28日(土)全国ロードショー
出演:生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、八木亜希子、森本レオ
監督:三木孝浩
原作:河原和音(「先生!」集英社文庫コミック版)

めったに笑わない伊藤貢作(生田斗真)は、生徒からの人気もイマイチ。けれども、恋愛を知らない内気な女子高生・島田響(広瀬すず)は、伊藤が時折みせる優しさに惹かれていきます。立場を気にせずまっすぐにアプローチする響に、伊藤も少しずつ心を動かされ…。さまざまな思いが交錯するなか、響の初恋の行方は…?


(nakamura omame)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >