2017/10/26 19:00

プレゼンテーション・スキルは今から育てる! 「show&tell」で子どもの会話力をアップ

インターナショナル・プリスクールの取材をしたときに、「show & tell」というトレーニングを教わりました。子どもの会話力を高めるもので、ほかのプリスクールでも実施しているようです。特別な道具は不要! 手軽にできるので、自宅でも挑戦してみませんか?

© maroke - stock.adobe.com



■人前で話す能力を鍛える「show & tell」
「show & tell」は、欧米では幼児教育によく取り入れられています。直訳すると「見せる&話す」、あるものを見せながらそれについて説明をするというものです。

プリスクールでは、そのものの特徴や選んだ理由、どのように感じているかなどをみんなの前で発表します。プレゼンテーションの訓練にもなり、最近では中学生の英語の授業に取り入れられることもあるようです。

やり方は、とてもかんたんです。

●「show & tell」のやり方
1. 身の回りのアイテムからお気に入りのものを1つ選ぶ
2. 選んだものについて、知っていること、選んだ理由を説明する
3. 時間は1分程度でOK。終わったら質問タイムを設けてコミュニケーションを取る

会話はすべて日本語でOK! まずはママがお手本を見せてあげましょう。
<例>「はさみ」について説明をする
このはさみはママが子どものころから使っています。ばあばが買ってくれました。持つところが赤くなっているのがお気に入りです。20年以上使っているけど、いまでも紙が切りやすくて助かっています。

身振り手振りを交えながら、いかにこのはさみが魅力的かをアピールする気持ちで取り組みましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >