2018/02/01 12:00

99%以上のママが抱える罪悪感。「正しい育児」に囚われたママの打開策とは

「どんなことに罪悪感を感じるか教えてください」という質問から見えてきたのは、必死で「いいママ」になろうとするママたちの姿でした。

■「正しさ」を求めてしまうママたち


© maroke - stock.adobe.com



多くのママがあげたのは「ママの都合で子育て方針を変えてしまう」ことに関する罪悪感。何かを子どもにさせるとき、それが「ママ都合」によってYESとなったり、NOとなったりしてしまう。

多くの育児書でも「親への信頼を保つために、一貫性のある行動をしましょう」などと書かれているものを見かけます。しかし仕事に行き、急いで夕食を作り、毎日がフル回転のママにとって、この“一貫性”がとても難しいことがうかがえます。
大人の都合で意見を変えるとき。スマホを見せるにしても家ではダメと言っているのに、おとなしくさせたい外では率先して見せてしまう。トイトレ中のオムツも家ではがんばらせるのに、外では手間がかかるのでオムツを履かせてしまう。順番を守ることや譲ることを家では教えるのに、外で順番を守らない子がいても親御さんの前だと何も言えなくなる。子どもの方が「ダメよ!」って言ってるのに…。
うそをついたらいけない、約束は守らないといけない、友だちにはやさしくとか偉そうなこと言うけど、私自身ちゃんとできてない…。
食事の支度やお風呂のとき。私が洗うのを待たせているときテレビゲームばかりさせている。完全に親の都合で「して良いとき」と「悪いとき」を決めていること。

大人の都合で、子どもに言うことを変えてしまっていることに罪悪感を持つということから、「筋を通せる親になりたい」と願うママの気持ちが伝わります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >