2018/02/18 09:00

冷え性ママにも効果あり⁉ 作ってびっくり多機能なおしゃれお手玉【昔ながらが”今”楽しい!レトロアートレシピ Vol.3】

こんにちは! そんたんママです。
暦の上ではもう春ですね。とはいえ、寒い日はまだまだ家でコタツに入っていたいズボラな母です。

さて今回は、元祖家遊びとも呼べるお手玉をつくります。そしてなんと! これが冷え性ママの助っ人にもなりますよ。

■お手玉の形



お手玉の形はさまざま。
運動会の玉入れの玉のような「たわら型」や、2色の布でつくる「ざぶとん型」などはよく見る形だと思います。
今回つくるのは三角形のシルエットがかわいい「テトラ型」。おにぎりっぽい見た目で子ども受けが良く、部屋に置いていてもおしゃれです。

■材料をそろえよう



材料は、綿のハギレ、あずき40g、裁縫道具です。

■ハギレで袋をつくろう



ハギレを16 cm×8cmにカットして、長い辺の端から5mmのところに縫い代の印をつけます。




生地を半分に折りたたみ、印にそって縫いあわせます。




両端が縫えたらひっくり返して




袋状になればOK。

■あずきを入れて袋を閉じよう



開いている口の、端から15mmのところに折り目をつけておきます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >