2018/02/17 07:00

「野菜高すぎ!」冬の食卓を救うのは親子で挑戦「野菜くずで再生栽培」


ⓒwckiw-stock.adobe.com


料理をするときに切り落とす、野菜の根や葉っぱ部分。生ゴミとして捨ててしまいがちなこれらの「野菜くず」の中には、簡単に再生栽培できるものもあります。

野菜が育っていく様子を観察すれば親子でも楽しめる、何よりエコ。子どもと一緒に野菜くず栽培にチャレンジしてみませんか?

■水につけておくだけでぐんぐん伸びる「万能ネギ」

野菜くずの再生栽培の中でも、手軽に試しやすいのが万能ネギ。次の手順で、挑戦してみましょう。

1. 根元から3~5cmくらいを目安に切り落とし、根の部分が浸るくらいの水を入れたコップなどの容器に入れておきます。

2. ネギがグラグラするときは、切り込みを入れたスポンジに差すと安定します。

3. 4~5日たつと新しい芽が伸びてくるので、先の方からカットして使います。


キッチンに置いておいて、みそ汁の薬味など必要な分だけハサミでカットすれば便利ですね。また、観葉植物の鉢などに差して時々水をやると、何度も収穫が楽しめます。
 
 

■スープの彩りや炒め物に「大根やニンジンの葉」

いつもなら切り落として捨ててしまう、大根やニンジンのヘタ。水につけておくと、へたからニョキニョキと葉が生えてきて、料理の彩りに一役買います。

1. 大根やニンジンはヘタの部分を1~2cmほど残して切り落とします。

2. 水を張った平らな容器にへたを入れます。その時、へたに水がかぶらないように注意。少し深さのある皿や、カットしたペットボトルを使うのがおすすめ。

3. 1週間ほどたって新しい葉が出てきたら、手で摘み取るかハサミでカット。若葉は柔らかく、クセもあまりないので、スープやみそ汁の彩りとしても楽しめます。


成長して葉が大きくなってくるとかたくなるので、その場合はごま油と塩でサッと炒めると◎。

■鍋料理に欠かせない野菜も再生「三つ葉」

冬においしい鍋料理に欠かせない野菜といえば、三つ葉。これも、簡単に再生栽培が可能です。

1. 買ったばかりの三つ葉の根を、5~6cmを目安に茎を長めに残しカットします。

2. 根についているスポンジはそのままで、カップなどの容器へ。根が浸るくらいの水を入れて置いておきましょう。

3. 4~5日で新しい芽が出てくるので、料理に使いましょう。


少量使いなら茶わん蒸しやお吸い物などのほか、みそ汁の仕上げに三つ葉を散らすと上品な香りに。たくさん育った場合は、サッとゆでておひたしにしてもおいしいですよ。

野菜くずの再生栽培は、食べたり観察したりして楽しめるほか、ちょっとしたインテリアにもなります。


ⓒpaylessimages-stock.adobe.com


野菜が苦手な子どもも、自分が育てた野菜ならおいしく食べてくれるかも!?  水質が悪くならないように、冬は2日に1度、夏は毎日水をかえるようにしてくださいね。
 
 
(かとうともみ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >