2018/05/01 06:00

まだ間に合う! GWに東京都内で子どもと一緒に楽しめる穴場イベント【2018年版】

新学期が始まりバタバタと毎日を過ごしていたらあっという間に4月末。気づけばゴールデンウィークに何の予定も立てていない…という方も多いのではないでしょうか。そこで、東京都内で予約不要、なるべくお金をかけずに子どもと一緒に楽しめるイベントをご紹介します。

■木のオモチャで遊び放題! 都心で森にふれあい五感を刺激


子どもにはできるだけ自然とふれあって、五感を刺激してあげたいと思うのが親心。都心にいながらそんな想いを叶えてくれるのが、六本木のアークヒルズで開催される「木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees 2018」です。

入場無料ながら、ヒノキ玉のボールプールや全長12mもある木製スロープでのビー玉遊びなど、木のオモチャで遊び放題! 建築家の隈研吾さんがデザインしたつみきも知的好奇心をくすぐります。ヒノキの木製シートでオリジナルのスターバックスタンブラーが作れるワークショップなど(一部有料)もあり、親子で楽しみながら木にふれあえるのも嬉しいところ。通常非公開のサントリーホール屋上「ルーフガーデン」も特別公開されます。期間中アークヒルズのレストランではジビエ料理も味わえるので、森の恵みを感じながら丸一日たっぷり楽しめますよ。

・開催期間:2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)
・時間:10:00〜17:00
・場所:アークヒルズ アーク・カラヤン広場
・料金:無料 (一部ワークショップは有料・当日先着順)
http://www.arkhills.com/events/2018/05/003391.html

■0歳から一流のクラシック音楽を体感! 無料コンサートも
子連れで行くにはなかなかハードルが高いクラシックコンサート。でも幼いうちに本物の音楽を聴かせたい! という人におすすめなのが、「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」。丸の内と池袋の2会場で開催される、国内外の一流アーティストによる世界最大級のクラシック音楽祭です。

なかでも毎年好評なのが「0歳からのコンサート」(チケット予約必)。大人は1人1500円と有料ですが、2歳以下の子どもは保護者の膝上で、無料で参加できます。もちろん授乳室やオムツ替えコーナーもあるので安心。それでもぐずるのが心配という方は、まずは屋外ステージで行われる無料コンサートへ。エリア周辺でショッピングやランチを楽しむ合間に行けるので、初めてさんも気軽にトライできますよ。

・開催期間:2018年5月3日(木・祝)・4日(金・祝)・5日(土・祝)
・場所:丸の内エリア (東京国際フォーラム・大手町・丸の内・有楽町) 、池袋エリア (東京芸術劇場・池袋西口公園・南池袋公園)
・料金:有料公演のほか、無料で楽しめるエリアコンサートあり
https://iko-yo.net/events/111350

■親子の絆が深まる! 冒険型なぞときイベント
ちょっぴりお金はかかってしまいますが、頭もカラダもフル回転して楽しめるのが、東京ドームシティ アトラクションズで開催されている冒険型なぞときイベント「しまじろうと まほうのゆうえんち~行こうよ、不思議な冒険に!~」。参加者全員がもらえる魔法使い3点セット「帽子、ステッキ、マント」を装備し、しまじろうと魔法使いのアウラと一緒に「まほうのベル」を取り戻しに行くゲームです。

リアル脱出ゲームの「SCRAP」と幼児向け通信教育教材でおなじみの「こどもちゃれんじ」が共同開発しているだけあって、謎解きの面白さと発達段階にあわせたアクティビティが知的好奇心を育みます。親子で力を合わせないと魔法が使えず、ときには勇気を試される場面もあるので、親子の団結力が必須。お子さんとじっくり向き合ういい機会になるかもしれません。参加にはチケットが必要ですが、お得な前売り券は参加日前日まで購入OK。もちろん当日券もあります。

・開催期間:2018年3月9日(金)~5月6日(日)
・場所:東京ドームシティ アトラクションズ
・料金:親子ペアチケット前売り券/3,000円、当日券/3,400円
https://iko-yo.net/events/100623
(佐々木彩子)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >