2019/02/22 06:00

戦時中、保母が挑んだ「疎開保育園」。今、子どもを守るため何ができるのか

戸田恵梨香、大原櫻子W主演『あの日のオルガン』
戸田恵梨香、大原櫻子W主演『あの日のオルガン』

©2018「あの日のオルガン」製作委員会


戸田恵梨香大原櫻子W主演の話題作『あの日のオルガン』が、2月22日(金)に公開されます。

時は太平洋戦争末期。迫り来る空襲から逃れるべく、日本初の「保育園児の集団疎開」に挑んだ保母たちの実話を描いた物語です。

多くの困難に立ち向かう彼女たちのたったひとつの願いは“子どもの命を守ること”。そこには、現代を生きる私たちが知るべき真実や思い、葛藤が詰まっていました。

■“子どもの命を守る”強い意志が生んだ疎開保育園
戸田恵梨香、大原櫻子W主演『あの日のオルガン』

©2018「あの日のオルガン」製作委員会


1944年。東京・品川では、空襲警報が響けば防空壕(ぼうくうごう)に避難する生活が続いていました。

政府は、子どもたちを「学童疎開」として地方へ集団疎開する措置をとりましたが、そこには保育園に通う幼児たちは含まれていませんでした。そこで立ち上がったのが、戸越保育所の主任・板倉楓(戸田)ら若き保母たち。子どもの命と、文化的な生活を守るため、日本初の「疎開保育園」を決意するのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >