2019/02/14 16:00

タレントの犬山紙子を妻に持つ私。主夫として、今の妻に思うこと【劔樹人の「育児は、遠い日の花火ではない」 第2話】

皆さま、ごきげんいかがですか。
男の墓場プロダクションの劔樹人と申します。

ふだんはマンガを描いたり、バンドをやったり、ハロー!プロジェクトの応援をしたりしながら、家のことや育児を主に担当する主夫として生活しています。

今回は「うちのパートナーのいいところ」という、ちょっとばかりこっぱずかしいテーマではありますが、お付き合いください。

■犬山紙子を妻に持つ私

先日、やけに妻のインスタに「スッキリを見てフォローしました!」というコメントが多いなあと思ったら、何やらワーキングマザー特集があったようで、そこで妻が言った「母親になったからって強くなるわけじゃない。みんなやらないといけないから、根性でやってるだけ」というコメントが世の母親たちに激しく共感を呼んでいたようだ。

うちの妻は犬山紙子というタレント・エッセイスト。

テレビでは情報番組のコメンテーターなどの仕事が多いが、世間的にはどういう印象なのだろう。

もともとは辛辣(しんらつ)な恋愛ネタなどのコラムで出てきたので、毒舌とか、男の敵とか、そういうイメージを未だ持っている人も多いかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >