2017/05/13 19:00

LINEの返信がこない…未読スルーと既読スルーどっちのがつらい?女子の本音は…

今どきの恋愛に欠かせないコミュニケーションツールと言えば、LINEです。言葉にするのが難しい感情も、各種スタンプが上手に代弁してくれることでしょう。しかしときには気持ちがすれ違い、LINEのやり取りが途絶えてしまうことも。同じ「スルー」でも、より女子の心を切なくさせるのは「未読」と「既読」のどちらなのでしょうか。アンケートで18歳から35歳の女子112名の本音を聞きました。

Q.好きな人に送ってLINEが返ってこない…そのときどっちのがツライですか?

既読スルー……56%
未読スルー……44%

わずかですが、「既読スルーの方が辛い!」と感じる女子が多いことがわかりました。それぞれの理由についても聞いてみましょう。

<好きな人から返信がこない……「未読スルーの方がつらい」女子の意見>■「見なくても平気」な理由とは?

「嫌われてるのかな?と思います」(26歳・学生)

「ブロックされてる、もしくはLINEを開きたくならないくらい自分に興味がないということだから」(25歳・会社員)

好きな人からのLINEは、男女ともに「今か今か」と待ち望んでしまうもの。しかし「未読スルー」ということは、相手にとって「読まなくても大丈夫な程度の存在」というわけで……! 考えれば考えるほど、切なくなってしまいます。

■意思表示なのかも……

「あえて触れてないっていうのがつらい」(23歳・学生)

「ブロック又は読みたくもないってことなのかな、って」(25歳・会社員)

未読スルーをすれば、相手がどう思うのか。大人であれば、想像できるはずです。そこをあえてやっているのは、相手からの明確な「意思表示」なのかもしれませんね。

■「希望」がつらい!

「忙しくてまだ見られてないのかなとか、変な期待を持ってしまうから」(18歳・学生)

きっとまだ気付いていないだけ。こんな希望を胸に、いつまでもズルズルと待ち続けなければならないこと……。「つらい」と思う乙女心、理解できる方も多いのではないでしょうか。

では次に、多数派意見を紹介します。

<好きな人から返信がこない…「既読スルーの方が辛い」女子の意見>■「未読」=忙しい!?でも「既読」は…

「未読だともしかしたら忙しくて見てないのかもと思えるけど、既読されるとどうでもいいんだと思い知らされるから」(21歳・学生)

「LINEが終わってしまい、めんどくさいと思われたかなと心配になる。未読だと忙しくて見られてないのかなと思える」(22歳・公務員)

LINEが未読なのは、忙しいから。普段スルーしない人であれば、こんな思考回路が普通なのかもしれませんね。一方でいったん既読になったのに、返信がこないのは……アレコレと良くない妄想をしてしまうケースも多いようです。

■後回し

「見ていて後で返事してもいいやって思えるような相手なんだって思います」(27歳・会社員)

「見てるのに返してくれないのは辛い。既読スルーしてSNS更新してたりするともっと辛い」(24歳・専門職)

たとえ「後で返信するつもりだった」としても、「後回しにされたこと」自体がもう辛い!? 女性は、相手の気持ちに敏感な生き物だと言われています。二人の間の温度差を感じとってしまうのでしょう。

■自分の経験から

「自分自身が興味ない人からLINEきても既読スルーするので、自分に全く興味ないんだなとおもう」(26歳・会社員)

自分自身も、既読スルーをした経験がある方も少なくないはず。過去の経験を踏まえて考えてみると……「既読スルーできる相手とは、どんな相手なのか」が、ありありと想像できてしまいます。

「未読スルー」派と「既読スルー」派、あなたはどちらに共感できましたか? ちなみに、もう一つ「自分が返信したくない異性からのLINE、どう対処しますか?」という質問をしてみたところ、51%の女子が「未読スルー」、そして49%の女子が「既読スルー」を選択する結果となりました。既読であっても未読であっても、理由なくスルーされたら要注意!? その恋について冷静に見つめなおすべき時期を迎えているのかもしれませんね。(大日向佳代子)

【あわせて読みたい】

友達からのLINEをスルーしたくなるのはどんな時?どう対処してる??

※男性からくる一番スルーしたくなるLINE、1位は「うん!の返事のみ」、では2位は?

※【実録】男性からの「疲れたー」LINEに、モテ女たちはこう返していた

※好きな人から来たLINE、どのくらい時間を空けて返信する?もっとも多かったのは…

※知り合ったばかりなのにLINEで「疲れたー」と送ってくる意味は?【男心ディクショナリー】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >