2017/05/18 19:00

夫婦別姓、別居婚…イマドキ男女が考える「結婚後の理想の生活スタイル」とは?

■イマドキ男女が考える「結婚後の理想の生活スタイル」を調査!

「どうしたら結婚できる?」、「どうやったらプロポーズしてくれる?」などどうしても「結婚まで」がフィーチャーされ、「結婚後」の話ってあまり多く語られないですよね。「結婚したらとりあえず仕事は続けるかなぁ」程度のザックリした会話になっていませんか?


株式会社IBJが未婚の男女867人に「理想の結婚後の生活スタイル」を調査。私も、結婚前は結婚後のことなんて「仕事は続けるし、どうにかなるでしょ〜」くらいにしか考えてなかったかも……。

まずは結婚後も続く生活の基盤、仕事についてどう考えているのでしょうか。

■あなたは結婚後、どのような生活スタイルを送りたいですか?

<男性>
「夫が働き、妻は専業主婦」5%
「夫婦共働き」50%
「特にこだわりはない」45%

<女性>
「夫が働き、妻は専業主婦」23%
「夫婦共働き」45%
「特にこだわりはない」32%

男女ともに「夫婦共働き」が約半数を占めました。好景気とは言えない今の日本の現実ではないでしょうか?
「夫が働き、妻は専業主婦」には男女差があり、男性は5%なのに対し、女性は23%と約2割が専業主婦を希望していることに。
「特にこだわりはない」と回答した人は、「相手の意思を尊重したい」や「ケースバイケースで決める」など選択に幅をもたせた意見が多数。

過半数を占めた「夫婦共働き」について、男女でどんな意見を持っているのでしょうか?

■「共働き」についてどう思いますか?

<男性>
■「二人とも働いて家事もした方が、経済的に豊かかつ快適な家で暮らせる」
■「お互いの趣味やプチ贅沢や子供の学費などの貯金を早めにしておきたい」
■「妻に社会と繋がってほしいから」

<女性>
■「ちゃんと家族の形を整えて、旦那様を支えられる環境を作ってからですが、家庭以外でも輝ける場所があると生活も楽しくなりそう」
■「お相手の身に何か起こった時に、精神的経済的な負担を少なくさせてあげたいと思う」
■「生活にメリハリをつけたい」

男女で異なった見解ですが、どちらも前向きな気持ちで「夫婦共働き」を考えているよう。

では時々話題になる「夫婦別姓」や「別居婚」についても調査。

■夫婦別姓、別居婚など結婚しても自由な関係についてどう思いますか?

<男性>
「賛成」10%
「反対」50%
「どちらでもない」20%
「分からない」20%

<女性>
「賛成」35%
「反対」20%
「どちらでもない」30%
「分からない」15%

なんと「賛成」の男性は10%にたいし、女性は女性は35%と3倍以上に! 「反対」も男性は過半数なのに対し、女性は女性は20%と、男性の方が自由な関係に消極的だという結果になりました。意外と思ったのは私だけでしょうか?

「賛成」の理由を聞いてみると。

<男性>
■「大切なことは同じ苗字や同居していることではなく、お互いをパートナーとして認識していることだと考えているから」
■「結婚の形態が多様化しているのが現状だから」
■「仕事、結婚生活など効率的に回せる可能性が高まる」

<女性>
■「銀行、クレジットカード、印鑑証明、不動産の名前変更など苗字の変更手続きが大変だから」
■「安い物を求めてスーパーで買い物するとか、トイレ汚さないでよ!とか所帯染みた関係になりたくない」
■「これまでのキャリアがリセットされてしまう恐れがあるため」

女性は結婚すると名字が変わり、それに対する手続きが面倒であったり、同居することで任されてしまうであろう家事から逃れられるため、自由な関係に魅力を感じるのかもしれませんね。

では「反対」の声も聞いてみましょう。

<男性>
■「他人から家族になるのに、別姓、別居するなら同棲か友人でよい」
■「昔的な考えになるけど、同じ家に住んで、同じ名字で生活をするのが結婚だと思うから」
■「自由な関係は、離婚へ安易に踏み切れてしまうと思うから」

<女性>
■「毎日、顔を合わせ挨拶をしたい。結婚している実感があると思うから」
■「お嫁に行くからには旦那さんの苗字になって一緒に生活したいから」
■「結婚するということは同じ籍に入り、家族になることと思うから」

「反対」意見は男性の方が保守的な意見が多いように感じました。女性は「お嫁に行く」感が強く、その部分を大切にしたいよう。

いかがでしたか? 今の時代「専業主婦」でいるよりも「夫婦共働き」が主流のよう。夫婦別姓や別居婚は、フランスのように内縁の関係が普通でない日本ではなかなか難しいかもしれませんね。別居婚であれば、女性的には家事からの離脱で、自由な時間が増えいいこともあるかもしれません。が、現実問題、子供が生まれたらどちらの姓を名乗ればいいのか分からない場合もあるし、もしかしたら子供のイジメにつながる危険性もなくはないですよね。とはいえ、結婚後の生活スタイルは十人十色です。夫婦でしっかり話し合い、理想の生活スタイルが送れるといいですね。(あおいあん)

情報提供元:婚活総研
【あわせて読みたい】

※結論!東京は「プライベートを一緒に楽しめる夫婦」、茨城は「リラックスできる夫婦」が理想

※家族よりひとりの時間が大事なのは…共働き夫婦の癒しの場が男女でこんなに違った!

※デート何回目で手をつなぐ?キスする?結婚を決める?驚きの結果に!

※人生で2番目に好きな人と結婚すると幸せになれるって本当だと思う?みんなの衝撃回答に驚き…

※5人に1人が“妥協”して結婚!?既婚女性が語る、リアルな結婚事情

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン