2017/06/30 06:30

ストレートネック予防に効果アリ。簡単ストレッチを鍼灸師に聞きました【職場の健康Q&A】

最近よく聞く「ストレートネック」。

(c)Shutterstock.com

「ストレートネック」とは、本来はある程度のカーブを持っている首が、まっすぐに歪んでしまっている状態を示す言葉。首が痛くなったり、頭痛がしたり、肩こりがしたり……と、さまざまな症状のモトとなります。
スマホなどを見て下を向き続けることなどで起こりやすいこの「ストレートネック」の予防法について、鍼灸師の平井さんにうかがいました。

Q.ストレートネックの予防法を教えてください。(c)Shutterstock.com

A.そもそも、ストレートネックとは、下を向き続けたことで起こる、頚椎椎間板の変型です。これは、頭を支える位置が後ろにあることが大きい要因でもあります。下を向き続けていることで、背中・肩から伸びる「僧帽筋」が伸びてしまうことが原因です。

<予防法>

うつ伏せになり、飛行機のポーズをとりましょう。目安は1日1回10分程度、好きな曲を3曲ほどかけて行うとすぐに終わりますよ。

1.真横に腕を伸ばし、うつ伏せになります。
2.伸ばした腕を上げ、頭を上へそらせます。腕を上げているので、自然と顎は床から浮きます。
3.そのポーズを30秒キープします。
4.少々だらんと休んだら、再度30秒ポーズをとる。これを10分程度繰り返します。

首が太くなることも、背中や肩に筋肉がつきすぎることもありません。肩こり予防や腰痛予防にもなるので、おすすめですよ。

監修:鍼灸マッサージ師 平井 丈斗さん

1976年生まれ 先天性弱視
2004年 あん摩マッサージ指圧師 鍼師きゅう師免許取得
整骨院、訪問マッサージを経て、現在ヘルスキーパー

【あわせて読みたい】

※ノートパソコン愛用者は注意!肩こり&腰痛になりやすい超危険な習慣

※ツ、ツライ!鍼灸師に聞いた、「デスクワークで肩こり」を予防する方法【職場の健康Q&A】

※夕方、目が乾いてコンタクトがつらい!目のゴロゴロ感をなくす方法【職場の健康Q&A】

※【頭痛の治し方2】低気圧と頭痛は関係ないって…ホント!?頭痛の専門医に聞きました

※夏バテは食べて予防!パクチー、山椒…夏バテ防止に効く食材6つ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >