2017/07/12 19:47

舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜、稽古場潜入レポ!【CanCam8月号撮影裏話】

■舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜、稽古場潜入レポ!刀剣男士のアザーカット公開!

原作ゲームが大ヒットし、Wアニメ化に続き、舞台やミュージカルでも続々と新作が作られている「刀剣乱舞-ONLINE-」!

今超話題のメディアミックス作品を、CanCam8月号の「アニメの世界でキュンキュンしたい!」でも掲載中です。みなさんはもうご覧になりましたか?

誌面では、名立たる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士(とうけんだんし)”を集めて育て、自分好みの部隊を結成する「シュミレーションゲーム」の解説に始まり、異なる魅力のふたつの「アニメ」、そして、ミュージカルとライブが楽しめる「ミュージカル『刀剣乱舞』」、殺陣と重厚な芝居を堪能できる「舞台『刀剣乱舞』」を紹介しています。

さらに、現在上演中の舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜の舞台稽古に潜入!

刀剣男士たちの気迫あふれる稽古風景や超レアな休憩中の姿をレポートしています。また、刀剣男士8振りを代表して、4振り(三日月宗近役/鈴木拡樹さん、山姥切国広役/荒牧慶彦さん、大倶利伽羅役/猪野広樹さん、歌仙兼定役/和田琢磨さん)からの“コメント”も!

今回、CanCam.jpでは、誌面に収まりきらなかったインタビュー&写真を特別に掲載! 誌面と合わせて、たっぷりとご堪能くださいませ。

★三日月宗近役/鈴木拡樹さん

舞台『刀剣乱舞』の面白さは、刀剣男士が、実際の歴史とどう絡んでいるのか、ということ。歴史で学んできたこと、もしくはこんなことがあったかもしれないという説に、“刀剣の視点”で、当時刀剣が考えていたかもしれないことが含まれていて、他にはない歴史ストーリーが楽しめるのもこの舞台の魅力だと思います。

今回の新作舞台を通して「伊達政宗とはどんな人物か」を知っていただきたいですし、舞台ならではのオリジナルの解釈も絡めてあるので、歴史を楽しみながら観ていただけるのではないかなと思います。それから、刀剣男士によって“戦い方”も違います。どんな戦い方の刀剣なのかというのはゲームで描かれていないのですが、それを人の姿や性格で表しているので、それも見どころのひとつです。

すでにたくさんの人に知られていますが、我々が舞台『刀剣乱舞』をやらせていただくことによって、さらに作品を広めたいという気持ちがあります。この取材を通して、「刀剣乱舞-ONLINE-」を聞いたことはあるけど「どんな作品か知らなかった」という方にも知っていただくきっかけになればいいですね。

★山姥切国広役/荒牧慶彦さん

僕が演じる山姥切国広は、本丸では近侍(きんじ)という、いわゆる“隊長”というポジションで、三日月宗近に導かれながら、本丸にいる刀剣男士たちをまとめる役どころです。

今回から新しい刀剣が3振り登場しますが、舞台『刀剣乱舞』は初めてでも、誰かしら他の舞台で共演している方ばかりなので、稽古場ではすんなり溶け込んでいました。でも、それぞれが個々のキャラクターを解釈してきて、稽古場で自分の意見を話しているのを聞くと、「あ、そういう解釈もあるんだな」と新鮮な気持ちになりました。

見どころはたくさんありますが、舞台『刀剣乱舞』では、刀剣男士の刀剣として受け継いだ物語がキーワードになっています。それぞれの持つ元の持ち主への想いが、実際に登場する元の持ち主たちとどう関わっていくかというところにも注目してほしいです。2.5次元舞台を、キャラクター作品で入りにくいという印象を持っている方もいるかもしれませんが、舞台『刀剣乱舞』は2.5次元の枠を超えたストーリー構成になっているので、作品を詳しく知らない方でも絶対に楽しめると思います!

★大倶利伽羅役/猪野広樹さん

大倶利伽羅は、“強さ”を貫こうとしているんですけど、胸の中では迷いもあったり、それを他人に打ち明けない部分もあったりと、ひと言では語れない難しい役です。最初はプレッシャーもありましたが、今は楽しんでやっています。大倶利伽羅って本当にかっこいい……かっこよすぎるんです!

殺陣のスピードが速いので、乱戦ではできるだけ臨場感が出せるように気をつけてます。僕の役作りの仕方は、セリフを独り言のようにしゃべって役を自分の中に落とし込んでいくのですが、今回も、帰り道にブツブツひとりで言いながら歩いています。すれ違う人に見られちゃうんですけど、家だとやらないんです僕(笑)。通し稽古で舞台全体の流れがわかったら、「どういうイメージでその役を演じようか」といくつかパターンを用意していって、それを組み合わせていく感じ。

今回は特に男たちの話をより感じさせる内容なので、男性が観ても泣けるし楽しめると思います。観終わったら、かっこいだけじゃない“何か”が心に残るストーリーになっているはずです。

★歌仙兼定役/和田琢磨さん

以前から「舞台『刀剣乱舞』がすごいらしい!」という話は役者仲間から聞いていました。前作は実際に生で観ることができたのですが、そこで、観ているお客さんたちの“ワクワクした感情”が体に収まりきっていない様子を目の当たりにしたんです。

観客の高ぶりや熱さを感じられる作品はそう滅多にあることではないので、今回、歌仙のお話をいただいた時は正直「やばいな……」と。僕はこれまで殺陣をやる機会がなかったので、他のキャストと比べたらだいぶ劣る部分があるかと思います。だからこそより観ている方の気持ちを大切にして、作品の世界観を壊さずに、キャストみんなと協力しあって、いい作品に作り上げられたらと思いました。

歌仙は表面上は凛としていますが、大倶利伽羅やお小夜(小夜左文字)が心に秘めた葛藤が見え隠れするシーンでのやり取りが多いので、心情描写も見どころです。舞台『刀剣乱舞』は、ステージ上の殺陣や芝居だけでなく、エンターテイメントとして劇場の空間すべてを楽しんでいただける作品になっています。本当に盛りだくさんなので僕は稽古で毎日必死ですが(笑)、機会があればこの世界を体験していただきたいです。

【こぼれ話】仲たがいする歌仙兼定と大倶利伽羅。実際は?

「最近、いのっち(猪野さん)と仲良くなってきました。僕のボケをちゃんとツッコんでくれたりするんですよ。ね?」と和田さん。それに対して猪野さんが「最初、わだくまさんはすごく怖かったです(笑)」と。それを聞いた和田さんは「怖くないよ~!」と大笑い。実際に話してみたらどうですか?と聞くと、猪野さんは「おちゃめな先輩!」と。「舞台で僕らは会話をするシーンが多いので、そういう意味でも普段からコミュニケーションをとりながら稽古してますよ」(和田さん)

誌面でも紹介していますが、CanCam7月号を熟読する和田さん。その周りには、代わる代わる他のキャストが集まりCanCamをのぞき込んでいました!伊達家にゆかりのある刀剣同士を演じる、燭台切光忠役の東啓介さん(左)と太鼓鐘貞宗役の橋本祥平さん(右)は、プライベートでも仲良し!

CanCam8月号では、今回インタビューをさせていただた4名(鈴木拡樹さん、荒牧慶彦さん、猪野広樹さん、和田琢磨さん)の“サイン入り色紙”プレゼントも。しかもそれぞれが演じる役名入り。これはかなり貴重です! 応募方法などは、現在発売中のCanCam8月号をチェックを!

★舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜 千秋楽ライブビューイング上映!
[日時]2017年7月14日(金)19:00~上映開始

※チケットの購入方法、劇場に関する詳細は、ライブビューイング公式HPにて。

★DMM.comにて、舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜 千秋楽公演を配信!
2017年7月14日(金)19:00 ~「DMM特設ページ」にて、千秋楽公演を配信。本編はライブビューイング映像に一部編集を加えた配信オリジナル版です。

★舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜 Blu-ray&DVD発売!
【Blu-ray】舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜[10月18日(水)発売/9,800円+税]
【DVD】舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜[10月18日(水)発売/8,800円+税]

★TOKYO MX他にて、アニメ『活撃 刀剣乱舞』放送スタート!

『Fate』シリーズなどを手掛ける人気アニメ制作会社「ufotable」が、刀剣男士たちの熱い戦いを描く。Blu-ray&DVDの第1巻が、早くも7月26日に発売。http://katsugeki-touken.com/story/

(c)Nitroplus・DMM GAMES/「活撃 刀剣乱舞」制作委員会

(c)舞台『刀剣乱舞』製作委員会

話題の「2.5次元」舞台&俳優【画像一覧】

【あわせて読みたい】

※舞台『刀剣乱舞』新作は「義伝 暁の独眼竜」の物語。俊敏な殺陣と“刀の成長”が見どころ

※【動画も】小野賢章と島﨑信長のオフショット大公開!【CanCam8月号撮影裏話】

※メガネ男子に恋せよ乙女♡眼鏡をかけたイケメンが主人公の新オムニバスドラマが誕生!

※人気俳優・佐藤流司が考える「2.5次元舞台」の面白さ。そして“自分らしさを消す”理由

※舞台版ドラえもんの気になるアレコレ聞いてみた【小越勇輝×陳内将インタビュー】

※植田圭輔、舞台『ノラガミ』には「よそのカンパニーには負けない女性陣の強さがある」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >