2017/08/04 19:05

SWIMMER(スイマー)直撃取材!振り返るヒット商品と「かわいい」について今思うこと

SWIMMERがなくなります。
2017年6月10日、30年間に渡って日本中に”かわいい”を提供してきた雑貨ブランド・SWIMMER(スイマー)が、翌年1月までに営業を終了することを発表。
SNSは「涙が止まらない」「もう生きていけない」といったファンの悲痛な叫びで溢れました。

CanCam.jpは、ブランド終了発表への反響、過去のヒット商品の振り返り、また”かわいい”について今思うことを、プレス(広報)の青木さんにお話を伺ってきました。


■ブランド終了発表の反応を受けて

CanCam.jp編集部(以下:編) まずは、ブランドの終了を発表した直後の世間の反応について伺いたいです。SNSでは”悲鳴”というか”阿鼻叫喚”というか…、ファンのみなさんの思いのこもった投稿が相次ぎました。わたしもそんな大ダメージを受けたファンの1人なので、みんながSWIMMERにお別れを言いにくる場所としてこの記事が役立ったらいいなと思って、取材のお願いをしたんです。

SWIMMER青木さん(以下:S) ありがとうございます。私はSWIMMER公式Twitterの運用を担当しているんですが、ブランド終了の発表をしてからしばらくの間は本当にスマホの通知が鳴り止まなくて…びっくりしました。あたたかいメッセージがたくさんたくさん送られてきて本当にありがたい気持ちで、夜布団に入ってからもずっと見ていました。
発表当日は大きな芸能スキャンダルが報じられた日でもあったんですが、それを上回る勢いでTwitterのトレンドに入ったりもして。

編 それでは、ここまでの反響が寄せられるとは予想していなかったんですね。

S はい。こんなにも多くの方に愛していただいていたんだな…と、改めて社員一同気付かされる形になりました。SWIMMERのスタッフでいられてよかったなあって。全部にはリプライを返せませんが、すべて読んでいます。本当にありがとうございます。

近年のSWIMMERの商品の一部■歴代ヒット商品、デザイナーについて

編 ブランドの歴史を振り返るにあたって、過去の商品について伺います。わたしとしても印象深いものがいくつもあって、どこから話していいのか…。例えば、おうちの形の掛け時計ありましたよね。あれを持っている友達にすごく憧れていました。

歴代のおうち型振り子時計

S あれはロングセラー商品の1つですね。 カラーリングやモチーフの動物をマイナーチェンジしながら10年以上に渡って販売し続けています。

編 そんなに歴史のある商品なんですね…!

S 私は広報に配属される前は実際に店舗に立って販売員をしていたのですが、こちらの商品は親御さんが「子供部屋に掛けてあげたい」ということで買いに来られることがとても多かったです。クリスマスプレゼントとしても人気でした。
かわいい装飾をふんだんに盛り込みつつ、価格は極力抑えて提供できた、SWIMMERらしい商品だと思います。税抜きで¥1200~1300ほどですね。

編 …そんなに安かったでしたっけ!?

S ふふ、そうなんです。

編 そういえば、ブランド終了の一因として「価格帯の維持ができなくなった」ことを挙げられていましたね。「多少値段を上げてでも存続してほしい」という意見もSNSで散見されましたが、その点については改めて社内で議論になったりはしなかったんでしょうか。

S うーん、やはり、幅広い層のお客さまに手にとっていただけるブランドでありたいという思いが強くある中で、みなさんにとって手を出しにくい価格帯になるのであれば、それはSWIMMERとして続けることではなくなるのかな、と。

編 なるほど…。そういった姿勢を「企業としてかっこいい」と賞賛する声も見られましたね。

S ありがとうございます。

■唯一の「名前がある」キャラクター

編 他にはやっぱり、動物のキャラクターが描かれた文房具などは印象に残っています。

S そうですね、やはりSWIMMERといえばうさぎやくまなどの動物モチーフの商品を思い浮かべてくださる方は多いかと思います。SWIMMERを愛してくださっているみなさんなら知っているものがあるのではと思うのですが、こちらの写真の商品たちはすべてSWIMMERに最初期から22年在籍したデザイナー・ひづめみか~るが提案したものです。

ひづめみか~るさんの提案した商品たち

編 持っていたものばかりです…。そういえば、これらのキャラクターには名前ってあるんでしたっけ。

S 実はこれらのキャラクターには明確な名前はないんです。その点について言うと、SWIMMERで唯一名前のついているキャラクターが、別のデザイナーが提案した「りんご王子」です。

りんご王子シャープペン

編 象徴的なキャラクターの1つですよね!

S りんご王子は2001年に生まれたキャラクターで、たくさんの方に愛していただき、さまざまな商品に採用されたキャラクターです。その中でも、このりんご王子型のシャープペンは大ヒット商品でした。その他にも、うさぎやくまのかたちをしたシャープペンなどもあり、記憶にある方も多いのではないでしょうか。

ラビットシャープペン

S また、キャラクターをモチーフにしたもの以外にもヒット商品はありました。
例えばこのシャンデリア型の物干しは2012年から細かなマイナーチェンジを繰り返して、今年で6代目になるロングセラーです。

シャンデリアハンガー

編 わー! わー! あったー!

S こういったファッション雑貨でいうと、ほかにもビスケット型のバッグなどは多くのお客さまに喜んでいただけた商品です。

おめかしビスケットバッグ

S あとは、社としてひときわ印象深いのがこちらのトートバッグ。こちらに使われている柄は「70‘Sプリント」と呼ばれているのですが、さまざまな商品や、店舗で使う包装紙にも採用された思い出深い柄なんです。

「70’sプリントトート」。英文を読むと、実は反戦のメッセージが込められている■”かわいい”について、今思うこと

編 SWIMMERは30年間に渡って、主に自我が形成されていく年頃の女の子たちに寄り添って、”かわいい”という価値観の土台を一緒に作ってきた存在だと思います。
SWIMMERがなくなったら、この国の”かわいい”に少なからず影響が出てくると思うのですが、これまでやこれからの”かわいい”について感じることはありますか?

S そうですね、例えば90年代~00年代にかけての商品と近年の商品は、こうしてまとまった数を見比べると、雰囲気が異なるのがわかるかと思います。
ゆめかわなパステルカラーのものが主流の今に比べ、90年代~00年代はレトロポップな色使いのものが中心でした。SWIMMERは、時代とともに変わる”かわいい”のトレンドを常に意識しながらものづくりをしてきたブランドだと思います。

編 なるほど。2000年代までと2010年代で”かわいい”のトレンドが変わったということですね。

およそ00年代までの”レトロポップ”な商品たち10年代以降の”ゆめかわ”な商品たち

S 時代に合わせて”かわいい”の質も変化するので、そのときそのときで女の子、というか、かわいいものを好きな人が欲しくなる商品を、デザイナーたちがファッションビルや繁華街に通うなどの地道なリサーチを重ねた上で生み出していました。

編 正直、もっと感覚的にデザインされてるのかと思ってました! SWIMMERの世界観は、緻密なリサーチ力を持ったデザイナーさんたちの努力の賜物だったんですね。

S はい、弊社自慢のデザイナーたちです! 一番多いときで20名ほどのデザイナーが在籍していて、それぞれがじっくりリサーチした上で商品企画を出し、社長との話し合いを経て商品化、という流れでした。

編 リサーチ対象はやはり小中学生?

S うーん、価格面ではそういった年齢層の方にも買いやすいようにとは考慮していましたが、デザインの面で年齢を意識するということはないと思います。

編 そのお話が聞けてよかったです。わたしの友人に、SWIMMER終了の報を聞いてすぐお店に行って2万円近く爆買いした子がいるんですが、「もう歳だから…」と言って外には持ち出さず、部屋に飾っていて。その子にも今のお話を聞かせてあげたいと思いました。

S そういった方のお話は最近本当にたくさん聞くんです。
「もう歳なので買えませんが、大好きでした」
「もうSWIMMERを使えるような年齢ではないけど、なくなってしまうのは本当に残念です」とか。
デザイナーのひづめみか~るも別媒体(「spoon.」2017年8月号)のインタビューで、年齢にとらわれず、かわいいと思う気持ちを大事にすることを発信しています。

Twitterで寄せられるエピソードの中でも印象的なのが、
「SWIMMERの文房具があることで学校に行くのが楽しくなった」というお話。
そういったことは何も学生生活に限ったことではなく、いくつになっても「かわいい」からエネルギーをもらうことはあると思うんです。
SWIMMERはもうなくなってしまうけれど、SWIMMERを愛してくださったみなさんが、今後ともお持ちの商品を大事にしてくださり、思い出と一緒にみなさんの生活に寄り添えていられたらいいなあと思っています。

SWIMMERおよびchocoholicは、2017年12月までにオンラインショップが閉鎖、実店舗は翌2018年1月末頃までに順次閉店し、ブランドが終了します。
さよならしたくないけれど、お別れの日はそう遠くないうちに来てしまいます。
SWIMMERの思い出に触れたいとき、「かわいい」のエネルギーが必要なとき、またこの記事を読みに来てくださったらうれしいです。
(ライター:わださなえ)

【お知らせ】

記事にも名前の挙がったSWIMMERのデザイナー・ひづめみか~るさんの個展が2017年8月21日(月)〜27日(日)に東京で、2017年9月7日(木)〜18日(月・祝)に大阪で開催予定です!

SWIMMERデザイナーひづめみか〜る個展”みか〜るによる福音書♡”
東京会場の公式サイトはこちら

【あわせて読みたい】

※【画像一覧】SWIMMER(スイマー)

※見せびらかしたい!じょうろやティーポット、ギターがかわいいバッグに変身♡

※インスタ映えも叶うと話題!海の家女子会をCanCam it girlがやってみた!

※これなら日記が続きそう!1日1コマで気軽に描ける「マンスリー絵日記」って知ってる?

※歩く飯テロ。ポーチにもなる「お弁当リュック」の存在感が強すぎ

※「shiro(シロ)自由が丘店」オープン!東京初のカフェ併設、限定アイテムも

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >