2017/08/23 20:30

今日のストレス、寝る前に解消!妄想、ゲーム…今すぐできる頭の“夜活”10選

日中のムシャクシャ、布団の中まで持ち込んではいませんか?

早く忘れたい嫌なことほど、何度も思い出しては「あ〜っ!」と叫びだしたくなるもの。これを断ち切ってぐっすり眠りにつくために、“頭の夜活”をおすすめします。

(c)Shutterstock.com▼頭を使って集中すると、ストレスが減る!

思考って、ループする性質があるんです。夜は昼間の疲れで頭がぼうっとしているため、その傾向も強くなります。

その上、嫌な記憶は脳にとっては“刺激的”。だから、忘れたいことほど思い出しては落ち込む、イライラ・モヤモヤする……のループに陥りやすいんだとか。

そこでおすすめなのが、全く別のことで脳のワーキングメモリー(思考領域)をいっぱいにする方法です。あなたにも経験がありませんか? 仕事でクタクタだったのに、ゲームに没頭するうち気持ちがスッキリしていたこと。悩んでいたのに、単純作業に熱中したら気持ちが軽くなったこと。

短時間でも頭を使って集中すると、脳はリフレッシュされるんです。

それに、「これをすれば落ち着く」という自分なりのセーフティゾーンを持っていると、ストレスにも強くなります。帰宅後のプライベートな時間にちょっと頭を使う“夜活”を取り入れることは、ストレス軽減・リフレッシュに効果大と言えるでしょう。

▼頭を使う“夜活”におすすめの趣味10選

「頭を使うっていっても、何をしたらいいの?」と思う方もいるかも。たとえばこんなことがおすすめです。

(1)ゲーム

戦略を練らずに勝てるタイプのものではなく、囲碁・将棋・チェス・バックギャモンなど、ちょっと頭を使うボードゲーム系がおすすめです。スマホアプリにもたくさんあるので、まずは探してみましょう。

(2)パズル(c)Shutterstock.com

ピースを当てはめて絵を完成させる、昔ながらのパズルです。固いピースをパチンパチンとはめていきましょう。ストレス解消のコツは「ちょっと難しい」と感じるものに挑戦すること。初心者なら500ピース程度、経験者なら1,000ピース以上がおすすめです。

(3)計算ドリル

以前、100マス計算が流行りましたね。書店では、いろいろな大人向けのドリルを見かけます。計算による軽いストレスが前頭葉を活性化。問題が解けた瞬間にドーパミンが放出されて、達成感と解放感を味わえます。

(4)読書(c)Shutterstock.com

活字が好きな人には、本がおすすめです。文字を追いながら同時に場面を想像することで、脳のさまざまな部分が活性化。紙をめくる感触にもリラックス効果があるそうです。

(5)映画

ストレス解消に映画を見るなら、「物語の世界にのめり込む」ことを心がけましょう。映画館に行くのが一番ですが、もしおうちで見るなら、部屋を暗くする、トイレやドリンクの準備を済ませる、スマホの電源を切るなど、集中するための工夫を。

(6)楽しみのための勉強

仕事とは全く関係ない、楽しむためだけの勉強をしてみましょう。歴史好き、鉄道好きなど、趣味のある方はぜひ突き詰めてみてください。
一風変わった楽しい資格を目指すのも◎! たとえば「きき酒」系の検定は、ワイン、日本酒、ビール、焼酎……とジャンルごとに存在します。他にもダイエット検定、温泉ソムリエ、忍者検定など本当に多種多様。「自分の好きなこと + 検定」で検索してみると、新しい世界がひらけそうです。

(7)メイク・ヘアスタイルを研究

新しいメイクやヘアアレンジを研究・練習したいなら、夜がおすすめ。朝は遅刻が心配ですが、夜ならどんなに失敗しても洗い流せばOKです。夢中になって鏡を見つめ、「できた♡」と満足する頃には、昼間のモヤモヤは吹き飛んでいることでしょう。

(8)料理(c)Shutterstock.com

料理もストレス発散にピッタリ。メニュー選びから食材の切り方、味付け方法、片付けに至るまで、頭のいろいろな部分を使います。段取り力や決断力も身につきますよ。

(9)ドライブ

車の運転が好きなら、軽いドライブに出てみましょう。運転って、無意識下で脳みそをフル回転させていますよね。前方・後方、サイドミラー、歩行者に標識に信号……あらゆることを瞬時に判断するので、短距離のドライブは脳のリフレッシュに最適です。

(10)妄想

布団の中でも思いきりできる脳の体操、それが“妄想”です。「こんなことが起きたらいいな」とか「もし宝くじが当たったら何をしようかな」とか、ワクワクする想像を自由に膨らませてください。
上司に嫌味を言われてムカムカしても大丈夫。「あいつがいなくなって、好みのタイプの上司が異動してきたら……」と、楽しい妄想に変えちゃいましょう!

ちょっとだけ頭を使い、集中・没頭することでリフレッシュを図る“夜活”。ぜひあなたも実践してみてくださいね。

(豊島オリカ)

【あわせて読みたい】

※「もうイヤだ…」人生や仕事に疲れたとき、元気をくれる12の気分転換法

※眠れない夜、スマホがダメならどうすれば?プロに聞く安眠術

※衝撃。「低ストレス女子」と「高ストレス女子」の1週間の使い方、こんなに差があるなんて…

※寝苦しく暑い夏の夜、エアコンの正しい使い方【エアコンメーカー直伝】

※2月18日は「安眠の日」。疲れを癒すぐっすり睡眠のコツまとめ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >