2017/09/17 11:00

八丁味噌とブルーベリージャムで作る意外すぎる「ハヤシライス」は失神級のうまさ!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.55】

DRAGON GATEのYAMATOだ。

今日はお前らに“THE洋食”レシピ=【ハヤシライス】を紹介するぞ。

街の洋食屋に絶対あるこの鉄板洋食レシピだが、お店と違って【創業時からことこと煮込んだデミグラスソース】なるものが家では作れないよな。

そこで俺は考えた。そして作って作って作りまくった。

そしてたどりついたのが今回のレシピだ。

筋肉キッチン史上でもかなり自信のあるレシピだから、ぜひとも試してみてくれ。

では材料から紹介しよう。

■材料(4人前)

牛バラ切り落とし……400g

玉ねぎ ……1個

薄力粉 ……10g

赤ワイン…… 200cc

トマトケチャップ……80cc

ウスターソース……大さじ2

八丁味噌 ……小さじ1

ブルーベリージャム……小さじ2

水 ……400cc

バター……15g

サラダ油 ……大さじ1

塩こしょう……適宜

ごはん……適量

(盛り付け用)生クリーム、パセリ……お好みで

強靭な肉体……随時

どうだ。この材料を見て何か感じないか?

そう、八丁味噌とブルーベリーという一風変わった材料を調味料として使っているんだ。これぞYAMATOレシピオリジナルのコク出しの秘密だぞ。

では作ってみよう。

■作り方

1/常日頃からトレーニングし、強靭な肉体をキープしておく。

裸エプロンが似合う体が理想だ!

2/牛バラ肉は食べやすい大きさに、玉ねぎは細切りにする。牛バラ肉には塩こしょうして、サラダ油を引いたフライパンで玉ねぎと共に強火で炒め、小麦粉を振りかける。

透き通るような玉ねぎが美しいだろこの小麦粉があるかないかで、肉のやわらかさが変化するぞ

3/フライパンに赤ワインを入れ、アルコールが飛んだらトマトケチャップ、ウスターソース、ブルーベリージャム、八丁味噌、水をそれぞれ加えて中火で10分弱煮込む。

八丁味噌、ブルーベリージャムは固まりやすいから、軽く混ぜながら全体が絡むようにしてみてくれ。

4/3を塩こしょうで味付けし、火を止め、最後にバターを加えてひと混ぜする。ターメリックライスを盛ったお皿にかけて完成。お好みでパセリと生クリームをかける。

最後にバターを入れることで酸味をおさえ、照りを出す効果があるぞ!

完成だ。

どうだ、見た目からしてうまそうなオーラが漂っているだろ?

そして食べてみれば、まるでじっくり一晩煮込んだかのようなコクと旨味に感動してもらえるはずだ。

でも調理時間は30分もかからずに作れるぞ。

このうまみはまさに八丁味噌とブルーベリージャムのなせるワザ!

ぜひとも覚えてみてほしい自慢のレシピだ。

次回もみんなをうならせるレシピを考案しているので、楽しみに待っていてくれ。

撮影/廣江雅美 取材/吉田奈美

【YAMATO】

★【レスラーYAMATOの筋肉キッチン】連載一覧

1981年9月10日生まれ。B型。調理師学校を経て、和術慧舟會で総合格闘家となる。2006年、プロレス団体DRAGON GATE所属のプロレスラーに転向し、人気実力とも兼ね備えた選手として活躍中。試合予定はDRAGON GATE公式ホームページを参照。調理師免許、フードコーディネーター3級を持ち、料理のできるプロレスラーとしても注目が集まっている。

ブログ→http://ameblo.jp/yamato-oldtype/

料理ブログ→http://ameblo.jp/dragon-gate-deli/

ツイッター→@yamato_oldtype

【あわせて読みたい】

※【画像一覧】YAMATOの「筋肉キッチン」

※激うまハンバーグは味噌でデミグラ!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.11】

※ブイヨンから作った本格ボロネーゼは驚異の使いまわし力!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.51】

※男を射止めるボロネーゼソースを使ったドライカレー【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.53】

※自家製トマトソースレシピ!洋食屋のポークチャップを自宅で【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.45】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >