2017/10/17 11:15

今さら人に聞けない家庭の火力で作る“基本のパラパラチャーハン”をじっくり伝授するぞ!【筋肉キッチンvol.57】

DRAGON GATEのYAMATOだ。

今日紹介するレシピは【チャーハン】なんだが、「ちょっと待って、チャーハンぐらい作れるわ」とお怒りの読者もいることだろう。

だがちょっと待ってほしい。

お前らは「本当にうまいチャーハンを家で食べたことはあるか?」と。しかも“パラパラチャーハン”だ。

どうだ、ちょっと自信なくなっただろ?

そこで今回は、家の火力でもうまく作れる【基本のパラパラチャーハン】を紹介しようと思う。

まずは材料だ。

■材料(1人前)

冷やごはん…… 200g

卵…… 1個

チャーシュー…… 40g

ねぎ…… 約12cm

ラード…… 大さじ3

しょうゆとオイスターソースを1対1で割ったもの …… 小さじ1

塩こしょう…… 少々

強靭な肉体……随時

材料もごくごく基本のもの(強靭な肉体はのぞく!)で作るぞ!

ではいってみよう。

■作り方

1/常日頃からトレーニングし、強靭な肉体をキープしておく。

チャーハンにはこの工程1がキモだ。しっかり作り上げておけ!

2/冷やごはんをざるにあけて水で流しながら表面のぬめりを落とす。その後、約1時間ほどおいて水分をきる

パラパラチャーハンの秘訣、ここにあり!

3/チャーシューを食べやすい大きさに切る。ねぎは粗みじん切りに。

4/フライパンを強火で熱し、ラードを入れて溶き卵を投入。すぐにごはんを投入し、水分が飛ぶようにイメージしながらぐるぐると混ぜ炒める。

チャーハンというと火から離して鍋を振るイメージだが、家庭では厳禁! あの技は中華屋の火力があってこそなりたつのだ。家庭では火からフライパンを離さず、とにかく温度を下げないで作ることを第一優先に。

5/塩こしょうとしょうゆとオイスターソースを割ったものを鍋肌から入れる。

6/チャーシューとねぎを入れ、ひと混ぜして完成。

具材を最後に入れるのも、おいしく作るうえで欠かせないポイント。火を入れなくても食べられるチャーシューにしたのはそういうわけだ。

完成だ。

どうだ。今回は家庭でパラパラチャーハンを作る技を伝授したが、これは慣れもあるから何度でもトライして納得のチャーハンを極めてみてほしい。

次回もみんなをあっと驚かせられるレシピを考案しているので、楽しみにしていてくれ!

撮影/廣江雅美 取材/吉田奈美

【YAMATO】

★【レスラーYAMATOの筋肉キッチン】連載一覧

1981年9月10日生まれ。B型。調理師学校を経て、和術慧舟會で総合格闘家となる。2006年、プロレス団体DRAGON GATE所属のプロレスラーに転向し、人気実力とも兼ね備えた選手として活躍中。試合予定はDRAGON GATE公式ホームページを参照。調理師免許、フードコーディネーター3級を持ち、料理のできるプロレスラーとしても注目が集まっている。

ブログ→http://ameblo.jp/yamato-oldtype/

料理ブログ→http://ameblo.jp/dragon-gate-deli/

ツイッター→@yamato_oldtype

【あわせて読みたい】

※【画像一覧】YAMATOの「筋肉キッチン」

※中華の王道調味料を使いこなして特製「麻婆豆腐」を完成させろ!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.21】

※レバニラに、みんな大好きなアレ投入で男の胃袋わしづかみ!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.26】

※定番エビチリに冷蔵庫に必ずあるアレをプラスするだけで驚きの味変!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.25】

※余った麻婆ナスがちょいアレンジで女子ウケ抜群なアレに変身?【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.23】

※肉ゴッロゴロの黒酢酢豚で男のハートを真正面から射抜け!【レスラーYAMATOの筋肉キッチンvol.36】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >