2017/10/09 11:30

88%が不正解!「ドレミファソラシド」って何語だと思う?日本語じゃないよ!

突然聞かれると、なかなか答えられないことってありますよね。

例えば漢字。「直向き」、「美人局」、「忽ち」、「拗らせ」、「巣窟」、「月極」、「続柄」、「一段落」……。読めそうで読めない……。

漢字シリーズ、理科の実験器具シリーズなど、さまざまな雑学クイズを掲載してきましたが、今回は音楽の問題です。

みんな当たり前に使っている「ドレミファソラシド」、何語か知っていますか?

ではまずは、アンケート結果から発表します!

■ドレミファソラシド、何語が語源だと思いますか?

正解! 12%

不正解 88%

なんと!約9割の人が不正解でした。なかなか難しい問題ですね。

不正解の中で多かった答えは

1位 日本語
2位 英語
3位 ドイツ語

となりました。

うーん、残念! 日本語でも、英語でも、ドイツ語でもないんですよね……。

ちなみに、日本語では、

ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ ハ

と言います。よく、「ハ長調」なんて聞いたことありませんか? これは、ハ(=ド)の長調という意味なんです。

では英語では…

C D E F G A B C(シー、ディー、イー、エフ、ジー、エー、ビー、シー)

です。ギターなどの経験者には馴染み深いのではないでしょうか。

そして、ドイツ語では

C D E F G A B C(ツェー、デー、エー、エフ、ゲー、アー、ハー、ツェー)

と言います。英語と同じですが、読み方が違いますね。でも、ドレミではありません。

では、気になる正解を発表します!

正解は…

イタリア語でした!

ちなみに、イタリア語では

Do Re Mi Fa Sol La Si Do(ド レ ミ ファ ソル ラ スィ ド)

と言います。

ちなみにアメリカなど多くの国でも日本と同様「ドレミファソラシド」が使われています。

いかがでしたか?
ふだん、なんの疑問も持たないことでも、意外と知らないことっていっぱいあるんですね。

みなさんも今のうちにたくさん学んでおいて、明日学校や会社でちょっと自慢しちゃいましょう♪

★意外と知らない事実満載「雑学クイズ」はこちら

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >