2017/10/18 11:15

夫が思う「イクメン」と、妻が思う「イクメン」の差がヤバい

■夫が思う「イクメン」と、妻が思う「イクメン」を調査したら…差がスゴイ

ちょっと前に話題になった“イクメン”。10月19日は「イクメンの日」ということで、夫側と妻側に“夫のイクメン度”を調査。

(c)shutterstock.com

コミックシーモアが10代以上の男女5,278人に「イクメンに関するアンケート」を実施。ふたりの子どもですからね、育児だって半分半分が理想なんだけど……。まずは妻側から。

■あなたの旦那さんは、イクメンですか?


「はい」44.8%
「いいえ」55.2%

約4割は「夫がイクメン」と回答。私は2〜3割程度かなぁと思っていたので、意外と多くてビックリ! では夫側を見てみましょう。

■あなたはイクメンだと思いますか?


「はい」45.3%
「いいえ」54.7%

なんと妻側との誤差、わずか0.5%! 育児にちゃんと参加している人(夫側)は、きちんと妻側にも認めてもらえているという結果ですよね。

ではどんなところが「俺って、イクメン!」と思っているのでしょうか?

■自分がイクメンだと思う理由を教えてください。


1位 「育児に協力的だから」69.8%
“イクメン”と名乗る以上、育児に参加は不可欠ですよね。おむつ替えから始まり、お風呂に入れたり、一緒に遊んだりと妻と同じ目線で子どもを見られたらイクメン合格ではないでしょうか。

2位 「家事に協力的だから」58.1%
ご飯の後片付けや、お風呂そうじ、洗濯物を取り込むなど、男性でもできる家事はいくらでもありますよね。言われたからやるのではなく、自分から積極的に家事を見つけてやって欲しいですね。

3位 「子どもが好きだから」55.8%
え〜っと、「子どもが好きだから」という理由では“イクメン”と判定はできないと思うのですが(笑)。子どもが好きだ、かわいいなと見つめているだけでは育児に参加していませんよね……。

もうひとつ夫側へ質問!

■あなたの妻はあなたの家での働きに満足していると思いますか?


「満足していると思う」16.3%
「まあまあ満足していると思う」44.2%
「満足しているとはあまり思わない」30.2%
「満足していると思わない」9.3%

自己評価が高い(笑)。「満足していると思う」と「まあまあ満足していると思う」を足すと、約6割が自分の働きを評価。なぜか自分の“イクメン度”約5割よりも高い数値になりました。

では妻側が今後の夫に期待することは何でしょうか。

■あなたの旦那さんに協力してほしいこと、やってほしいことがあれば教えてください。


1位 「ちょっとした家事を積極的にする」65.1%
2位 「子どもをお風呂に入れる」33.7%
3位 「炊事洗濯をする」32.6%
4位 「妻の育児の愚痴を聞く」30.7%
5位 「子供の送り迎えをする」30.5%

ダントツ1位だったのは「ちょっとした家事を積極的にする」でした。家事は小さなことの積み重ねです。中には面倒臭いなと思う家事や、ちょっと不得意かもと感じている家事だってあると思います。それをフォローしてくれるだけでだいぶ助かりますよね。
2位〜6位まではそれぞれ約3割程度と差がない回答となりました。2位の「お風呂」や3位の「炊事」、5位の「送迎」は子どもの生活リズムと、夫の生活リズムが違えば難しい話ですが、時間が合うのであれば積極的にして欲しいところ。結構この3つは体力も使うんです。4位の「愚痴」は協力できないのであれば、なおさら聞いて欲しいですよね。

イクメンかどうかは認定する側(妻側)によって決められるのではないかと私は思うのですが、皆さんはどう思いますか? とはいえ、小さいうちはママがいいという子も多いもの。「ママじゃなきゃやだー!」なんて叫んでる子ども見ますよね!? そんな時は家事に精を出してくれる夫が理想ですね。(あおいあん)

情報提供元:コミックシーモア

【あわせて読みたい】

※ 自称イクメンに告ぐ!「やってるつもり」でもママは認めていないという現実

※ 「イクメン」な夫は約5割。では「家事メン」はどのくらいいる?

※ いつまでもラブラブ♡「仲良し夫婦」になる3つのルール!

※ ねぇ、これで「夫婦の助け合い」できてるつもり?お互いの意識の差がすごいことに…

※ 夫婦別姓、別居婚…イマドキ男女が考える「結婚後の理想の生活スタイル」とは?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >