2017/10/20 20:30

出会ったばかりで「いいかも」と思っている相手へのアプローチテクニック【心理テク】

■出会ったばかりの「ちょっといいかも」と思っている相手へのアプローチテクニック

出会いの機会にはけっこう恵まれているのに、ぜんぜん恋愛に発展しない…というあなた、もしかして自分からは何もせずただ待っているんじゃないでしょうか?
自分の外側の何かに任せていては自分にとってすてきなことは起こりません。今回の心理テクニック講座では、そういった気になる人と出会ってすぐの時期に使えるテクニックをご紹介します!

【1】まずは相手の「視界に入る回数」を増やす

とにかく第一印象が一番重要!と言う人は多いですが、必ずしもそうとは限りません。心理学には、馴染みのある相手に好意を持ちやすいという「単純接触の法則」という考え方があります。別に会うたびに仲よく話をする必要はなく、視界に入る回数を増やすだけで好感度は上がるのです。
例えば帰宅する時刻を合わせるとか、移動するときは極端に不自然な遠回りにならない限り相手の目の前を通る、といったことだけでも存在を少しずつ印象づけることができます。

★男性諸君、気づいてる?女子が出してるLINEの脈なしサイン

【2】「友達に褒めてもらう」スパイ作戦

自分ではピンときていない相手でも、周囲の人々が「あの人いい人だよね」と言っているのを聞くとよく見えてくることがありますよね。このように自然と周囲の意見を聞いているうちに、だんだんと同じ価値観が形成されていくことを「同調効果」と言います。これを利用して、意中の人がいる場で友人にあなたのことを褒めてもらいましょう。
とはいえしっかりお願いしてしまうとかなり厚かましいことになるので、会話の中でふと友達から言われたうれしい言葉に「ほんとに? それみんなにも言っといて。笑」といった感じで冗談交じりに軽く伝えてみましょう。

★うっかり…と見せかけて!モテ女がやってた「気になる相手から確実に返信をもらう」必殺LINEテク

【3】共通点は「量より質」

自分と同じような趣味があったり似たような考え方をしていたりすると好感を持てますよね。実際に恋愛に発展する上でも、そういった共通点は重要になってきます。ある程度話ができる仲になった後は、他には?他には?と多くを欲しがって次々共通の趣味を探そうとするよりも、共通した趣味を1つ2つ徹底的に掘り下げたほうが、好意を持たれる上では効果的なのです。
相手の興味がより強いものでも、自分がより掘り下げたいものでもいいので、どんどんマニアックになっていきましょう。

★男子に聞いた「史上最強にキュンとしたLINE」が自然すぎてあざとい♡

【4】会話中、要所要所で名前を呼びかける

1対1で会話しているときは、わざわざ名前を呼ぶ必要はないことがほとんどかもしれません。しかし、要所要所であえて名前を呼ぶことでハッと注意をひきつけ、より親密な空気を演出することができます。
人は耳で聞いた情報の中から興味関心の薄い情報を雑音として処理し、より興味関心の強い情報を選別して記憶しています。中でも自分の名前は最重要な情報の1つであるため、呼ばれると体が反応してしまいます。その点を意識して、気になる相手にとっての「不思議と話に惹き込まれてしまう」人になりましょう。

★絶対使える!恋の心理テクニック

これまでのことを思い返してみてください。気になる相手と仲よくなっていくプロセスはどのようなものだったでしょうか。
必ずしも意識してやってきたわけではないかもしれませんが、時間をかけつつ少しずつ共通点を見つけるなどして同じ経験や体験を積み重ねていったことかと思います。
そうした成功体験を思い出し、さらに今回紹介したテクニックを用いれば、わりとスピーディーに関係性を育んでいけるはず。ぜひ一度試してみてくださいね。

(ライター:脇田尚揮)

【あわせて読みたい】

※心理テクニック一覧

※心理テスト一覧

※イラッ!!女子に聞いた「彼氏のムカついた言動」3パターン

※5秒で印象に残る!上司の気を惹く行動心理テクニック4つ

※若手がぶっちゃけ!職場のベテラン上司・先輩に思う「ここが欠けてます」ランキング

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >