2017/10/18 20:50

見に行こうよう!「紅葉旅行」人気エリアランキング発表

秋の長雨が続くあいにくのお天気ですが、秋といえば「紅葉」が楽しみですよね。「紅葉」が見られるのは約1か月程度の間だけです。この時期にしか見れない絶景を見に行きませんか?

(c)shutterstock.com

楽天トラベルが「2017年紅葉旅行の人気エリアランキング」を発表。1位は昨年も1位を獲得したあのエリア!

■2017年、紅葉旅行が人気のエリアランキング

5位 北海道(旭川・層雲峡・旭岳)

旭岳はロープウェイがあり、壮大な景色が見られます。層雲峡は温泉を楽しみながらの紅葉が。旭川は紅葉の他にも、旭山動物園へ行けたりとプラスのレジャーが楽しめて人気。

4位 北海道(定山渓)

かっぱ淵の二見吊橋からいこい橋付近、紅葉橋、錦橋、時雨橋など、橋を渡りながら見る紅葉は、下から覗く紅葉とはまた違った趣が。

3位 長野県(上高地・乗鞍・白骨)

上高地の代表的なスポット「河童橋」の橋上からは、穂高連峰や焼岳が眺められ、田代池や大正池には水面に映る紅葉がインスタ映え間違いなし! 乗鞍岳はヤマウルシやカエデ、カツラなどの紅葉が見られます。乗鞍高原の「一の瀬園地」には「大カエデ」と呼ばれる、ひときわ目立つカエデの木があるそう。

2位 長野県(白馬・八方尾根・栂池高原・小谷)

白馬村では周辺の山々に初雪が降った直後の時期に行くと、雪の白、紅葉の赤、針葉樹の緑の3色からなる「白馬三段紅葉」が見られます。小谷村にある「栂池自然園」は標高1,880mの山腹に広がる中部山岳国立公園で、10月のピーク時にはカエデ、ダケカンバ、ナナカマドなどの紅葉をトレッキングしながら眺められます。

1位 福島県(磐梯高原・裏磐梯)

昨年も1位を獲得した磐梯高原、裏磐梯エリア。「磐梯吾妻スカイライン」は最高標高1,622mで、吾妻連峰を縫うように走る観光道路。橋から見下ろす「つばくろ谷」や、高原植物の宝庫と呼ばれる「浄土平」など8つの場所をめぐる「吾妻八景」が人気! 「磐梯山ゴールドライン」では、磐梯山爆発火口の絶壁や、猪苗代湖の景観と共に、紅葉が楽しめます。

いかがでしたか? 私は毎年、車移動中にチラッと見るだけで終わってしまう悲しい紅葉ですが、温泉や美味しい食べ物と一緒に、紅葉を見るなんて贅沢ですよね。是非、紅葉旅行を計画してみては? (あおいあん)

情報提供元:楽天トラベル

【あわせて読みたい】

※【クリスマスコフレ2017】紅葉植物のパワーを指先に。乾燥による手荒れもやさしくケア

※女同士だけど♡温泉でついつい見ちゃう女子のパーツ、2位はおなか。1位はやっぱり…♡

※3位喜多方、2位博多、1位はやっぱり…人気ご当地ラーメン発表!

※北海道民がおすすめ!「ガチで美味しい北海道グルメ」ランキングが意外な結果に…

※この秋どこ行く?人気急上昇中の国内旅行先ランキング、鹿児島県が1位の理由

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >