2017/10/20 19:50

久松郁実、アクション初挑戦も大苦戦!「自分を痛めつけていました……」

10月20日、東京・お台場・フジレテレビ本社で、CanCam専属モデルの久松郁実がヒロインを演じるFOD連続ドラマ『ROAD TO EDEN』(10月26日配信開始)の試写会&トークイベントが行われ、久松郁実ほか、主演の柄本佑さんが登壇し、共演の印象などを話しました。

フジテレビの動画配信サービスFODで配信される『ROAD TO EDEN』は久松郁実のセクシーな衣装やアクションはもちろん、CGを使った迫力ある映像が見所のバトルSFドラマです。
“オレイカルコス”という巨大なエネルギーを生み出す物質を巡って世界大戦が起こり、文明が崩壊。
その後、荒廃した世界で、物資を盗んでは労働者階級に配る、義賊を名乗る主人公のカイトが、自身の出生の秘密を求めて仲間5人とともに、「エデン」を目指す姿を描きます。

柄本さんは主人公カイト役。久松郁実はレジスタンスのメンバー、アリス役。2人は『コック警部の晩餐会』(TBS系列)以来の共演ですが、同作では絡みがほとんどなかったといい、本格的な共演は今回が初めてとのこと。

撮影では荒廃した世界をリアルに再現するため、台湾の金門島でのロケが行われましたが、柄本さんは「金門島のロケでは出演者全員が隔離されたような状態でだったので仲良くなりやすい環境にあったのですが、久松さんは本当に居住まいが素敵で助かりました。裏表のない、見た通りのキャラクターでした」と久松郁実の人柄を絶賛。「みんなと話している時もその場に自然体でいてくれて、何かあれば声をかけてくれる。こちらも気を遣わずに接することができました」とコメント。
一方、「うちのお色気担当」とも紹介して会場を笑わせる一幕も。

久松郁実も「柄本さんは前回の共演の時はそんなに話す機会がなかったので、どんな人かわからなかったのですが、今回共演してみてとにかくよく喋る人だなって。移動中のバスの中でも撮影中もギリギリまで話していて、すぐに仲良くなれました」と柄本さんを紹介。
柄本さんが「喋り過ぎで嫌じゃなかった?」と少々自信なさげな表情を見せるも「柄本さんが主演だからみんな仲良くできたし、コミュニケーションも円滑にとることができたと思っています」とその存在に本当に助けられたとのこと。

2人揃って本格アクションに初挑戦だったといい、柄本さんは「体が動くか不安だったたので、事前に、多少体作りをしました」と述べ、「それぞれの役に合わせて武器が渡されたんですけど、俺はダガーをもらって、それを家で動画を見ながら練習していました」と述懐。
相手を殴る経験もこれまで演技の中であまりやってこなかったといい、「殴られるシーンの経験は結構あったんです。でも、やる側は初めてだったんじゃないですか。殴るシーンはちゃんと当たっているように見せないといけないし、難しかったです」としみじみ。

久松郁実も「私は槍を渡されて、全然うまく扱えなくて、よく誤って自分を痛めつけていました。いろんな人に助けてもらってなんとかできました」と苦戦したといい、「ホテルに帰ってからも練習がたくさんあって、それが撮休の日だったりして、なかなか遊びにいけなかったな……」と残念そうな表情も。

会見の最後にはタイトルに絡め、“2人にとっての楽園は?”という質問も飛びましたが、柄本さんは「もともと映画が好きなので映画館の暗闇が僕にとっての楽園。あの空気感の中、知らない人同士が一緒に集まって同じ映画を共有する。映画を一緒に覗き見る。なんともいえない色っぽい場所だと思っています」とコメント。

久松郁実は「わたしにとっての楽園はハワイ」ときっぱり。「今まで仕事で2回行かせていただいたんですけど、気候もいいし、海も山も奇麗な場所。プライベートではまだ行ったことがないんですけど、仕事で行っても楽しめる。すごく最高の場所です」と述べ、「続編はハワイ舞台で!」と宣言。柄本さんと意気投合していました。

ドラマには桜田通さん、松田慎也さん、三浦真椰さん、古田新太さんをはじめ、そうそうたるキャストがズラリ。配信日が今から楽しみです。久松郁実は「これからどんどんアクションシーンも激しくなると思いますが、出演者みんなで練習して頑張ったのでそのアクションシーンの迫力にはぜひ注目してください」と呼びかけていました。(名鹿祥史)

★『ROAD TO EDEN』公式サイト

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >