2017/11/06 06:25

読めたらカッコいい!「聳える」の読み方は?「したがえる」じゃないよ

■今回はかなり難しい?「聳える」が読めたらすごい!

知っている言葉でも、漢字で書かれると読めないもの、あるいは、簡単な漢字で書かれているのに読めないもの、けっこうありますよね。

これまでの「意外と読めない」シリーズでは、「間髪をいれず」、「偶々」、「態々」、「祝言」、「健か」、「湯湯婆」、「不束」、「長閑」、「挙って」、「詳らか」といった、読めそうなのに読めない漢字を出題してきましたが、今回はこちらの漢字です!

「聳える」って、読める?

なんだこの漢字……!?

見たことないぞ!?

さあ、あなたは読めますか?

■正解率は1割未満!

CanCam世代の女子に読み方を聞いてみた結果がコチラ!

なんと、7割の人が「まったくわからない」という結果に!

かなりの難問です。

ここで、みなさんの回答を見てみましょう。

「なえる」「もだえる」「したがえる」「まじえる」「たたえる」「おびえる」など、様々な答えが集まりました。
残念ながら、それぞれ「萎える」「悶える」「従える」「交える」「称える」「怯える」と書くため、不正解です。

では、さっそく答えを見てみましょう!

■答えは…コチラ!

正解はコチラです!

「そびえる」です!

「山などが非常に高く立つ。そそりたつ」(『デジタル大辞泉』より引用)という意味合いのこの言葉。
「北に聳え立つ山」だったり、「ゴール前に聳える壁」といった言い方、聞いたことがありますよね?

聳え立つ山に遊びに行くときは、準備を万全にしてくださいね!(薄井大輔)

★もっとチャレンジ!雑学クイズ

【あわせて読みたい】

※当てはまる人もきっといる!「下戸」って、当然読めますよね?

※「挙って」って、読める?「あがって」じゃないよ!正答率8%の超難問

※正解率34%!「懇ろ」の読み方は?「むしろ」じゃないよ

※正解率16%!「束子」って読めますか?年末には大活躍のアレです

※「すいません」「すみません」どっちが正しい?使用率は半々だけど…

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >