2017/11/26 17:30

幸せな結婚に「一番普通の男」を選ぶ理由|ゆとり以上バリキャリ未満のリアル

ゆとり以上バリキャリ未満の女たち・連載一覧

【ゆとり以上バリキャリ未満のリアル】インスタ映えで幸せになれますか?【瑠璃編・第2回】

「バリキャリ未満、ゆとり・悟り以上」を生きる33歳の瑠璃に訪れた突然の転機。今どきの「女の幸せ」ってなんだろう? 世代を超えて共感必至の、女の人生ルポルタージュ・「瑠璃」編、第2回。

「いつかファッションビジネスで独立する」…そんな夢を抱きながら、研究室をパワハラで辞めた瑠璃。さあ、どうする?

小林瑠璃(仮名)33歳/フリーランス SNSコーディネーター

1984年神奈川県出身、東京都豊島区在住
職歴/大学院修士課程修了後、アルバイトをしながらフランス語学校に通う。フランスに留学し、1年間服飾学校で勉強して帰国。大学院博士課程に入り研究者として活動。そのかたわら、SNSビジネスを開始。現在フリーランスのSNSコーディネーターとして活動中。
似ているタレント/堀北真希
理想のタイプ/三浦翔平
パートナー/結婚3年目。子ども(1歳)。
手取り月収/10〜30万円 預金総額/約500万円

Vol.1 インフルエンサーは職場で嫌われる
Vol.2  幸せな結婚するなら「一番普通の男」がいい理由
Vol.3 結婚、出産。SNSには内緒にしていました
Vol.4 「インスタ映え」だけじゃ幸せになれない、でも

★【ゆとり以上バリキャリ未満の女たち・第1弾】貯金1,500万。それでも人生「既読スルー」

★【ゆとり以上バリキャリ未満の女たち・第2弾】キラキラOLのはずが飛び込み営業に。

★【ゆとり以上バリキャリ未満の女たち・第3弾】あみだくじで決まった配属

Vol.2 幸せな結婚するなら「一番普通の男」がいい理由天職に出合う

「新しいファッションブランドのオープンイベントがあるんだけど、アラサーの友達、集められない?」

以前に読者モをしたときに知り合ったイベント会社の担当者から、こんな連絡があった。瑠璃はすぐに自分のフォロアーや読モ仲間に一斉メールを送り、参加者を募った。

「自分でも意外だったんですけど、1〜2日のうちに40人のイベント参加者が集まりました。しかも、イベント当日もほぼ欠席する人なく、みんな参加してくれて。こんなに歩留まりがいいのも、珍しいらしいです。

その新ショップのお洋服も実際すごくかわいくて、みんな自主的にインスタやブログにアップしてくれて、私も誇らしい気持ちでした。主催したイベント会社からも喜ばれて、別のファッションイベントの集客やレポートを依頼されたりもしました」

これは、仕事になる。瑠璃は確信した。

それが、キャスティングと呼ばれる仕事だということは、あとから知った。瑠璃がキャスティングする女の子は、ブログやFBで繋がっている仲間で、キャピキャピ感は抑え気味。その代わり、ドタキャンや遅刻、場違いな服装をしてくることもない“いい子”が多かった。ブログでのレポートだって、きちんとした日本語で締め切りに遅れず書いてくれる。イベント会社や主催企業から高く評価されたのは、そこだった。

もとはといえば、これまで瑠璃がさまざまなパーティの参加や読モの活動をする中で、メルアドやFBの交換をして広げてきた人脈だ。最初は、「友達100人できたら」という感覚で連絡先を交換していたけれど、後でまた連絡を取り合いたいと思う人とだけ、つながるようにしてきた。

その結果、すぐに声をかけられる仲間約200人、フォロワーだけでいえば5000人になっていた。

「会社をおこすか、このままフリーでやっていくか。答えはまだ出ていません。でも、キャスティングという新しい仕事でやっていくことは、今後も間違いありません。こんなに面白い仕事は、ないです。スケジュールや条件が厳しくても、私の声がけしだいで、人が集まって、イベントやSNSが盛り上がり、流行が生まれたりもする。参加者にも主催者にも喜ばれる。

それに…。この仕事、自分の婚活も一緒にできるんですから。

30までには相手を見つけなきゃという崖っぷち気分で、猛烈に合コンをセッティングしまくって、参加者のキャスティングをして。29歳のクリスマスに彼ができました。

それが、今の夫です」

結婚したのは、歴代「いちばんフツー」の男

30歳までのカウントダウンが100日を切った夏、瑠璃は週3回は合コンやパーティの予定を入れていた。さらにお見合いアプリ開発のモニターにも立候補して、たくさんのお見合いパーティにも参加もした。

「ある手巻き寿司パーティに参加したとき、両脇にいたビジネスマンに、私から連絡先を聞いて、合コンに誘いました。向こうのビジネスマンたちも、彼女探しに真剣だったのがわかったので、翌週からはお互い、カップルができるまでは何度も参加者を替えて、合コンを開いて。デートをした男性も何人かいましたが、どうにもそこから先が続かないし、決め手に欠ける。自分のガツガツぶりがいけないのかもしれない、と作戦変更しようか考えていたころ。ビジネスマンつながりで出会ったのが、2つ年上のマサキです。

決め手は、最初のデートでの待ち合せでした。ふつう、夜の待ち合せなんかだと、あらかじめお店を決めて現地集合ですよね。それが、駅での待ち合せだったんです。駅の改札出たところで会って、一緒に店まで歩いて、ここだよ、みたいにエスコートしてくれて。ああ、このキュンとくる感じ、いいな。新鮮だな。

会話もファッションも普通でした。いや、どちらかというと地味めかもしれません。それに私、家が遠いので終電が早くて、10時すぎには店を出ないといけなかったんですが、それを言うと、さらりと『それじゃ、気をつけて』と、また駅まで送ってくれて。

よくいるんです。終電が早いと言うと、すぐ『じゃホテルへ』みたいに誘う男。そういう気配が、まったくなかったのも好感がもてました」

すぐホテルに誘う男のほかにも、同世代なのにお母さんっぽさを求めてくる男、まじめだけど年が離れすぎちゃってる男、起業家でエネルギッシュな男…。いろんなタイプとデートはしてみたけれど、「いちばんフツー」がマサキだったのだ。

交際を申し込んだのは、瑠璃のほうから。29歳のクリスマスデート、新宿のイルミネーションを見ながら帰る途中だった。「マサキさんの彼女に、なれますか?」と疑問形で言った瑠璃に対して、マサキは、「はい、よろしくお願いします」と笑って答えた。

※Vol.3「結婚、出産。SNSには内緒にしていました」は12月3日更新です。

Vol.1 インフルエンサーは職場で嫌われる
Vol.2   幸せな結婚するなら「一番普通の男」がいい理由
Vol.3   結婚、出産。SNSには内緒にしていました
Vol.4 「インスタ映え」だけじゃ幸せになれない、でも

★【ゆとり以上バリキャリ未満の女たち・第1弾】貯金1,500万。それでも人生「既読スルー」

★【ゆとり以上バリキャリ未満の女たち・第2弾】キラキラOLのはずが飛び込み営業に。

★【ゆとり以上バリキャリ未満の女たち・第3弾】あみだくじで決まった配属

文/南 ゆかり
「CanCam」や「AneCan」、「Oggi」「cafeglobe」など、数々の女性誌やライフスタイル媒体、単行本などを手がけるエディター&ライター。20数年にわたり年間100人以上の女性と実際に会い、きめ細やかな取材を重ねてきた彼女が今注目しているのが、「ゆとり世代以上、ぎりぎりミレニアル世代の女性たち」。そんな彼女たちの生き方・価値観にフォーカスしたルポルタージュ。

ゆとり以上バリキャリ未満の女たち・連載一覧

【あわせて読みたい】

※突然告げられた理不尽な「異動」。33歳、何が正解?【ゆとり以上バリキャリ未満の女たち1】

※【離婚どうしよう1】家庭内モラハラ、その裏側には○○があった

※女子がLINEを既読スルーするのはこんなとき

※戦え若手社員!あなたの上司は大丈夫?「老害」に多いのはこんな傾向!【女子100人に聞いた】

※現役営業女子、課長クラス男性etcに聞いた「会社の飲み会」で喜ばれるポイント【完全版】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >