2017/11/11 06:15

「灰汁」って、読めますか?「はいじる」ではありません!

■鍋の季節ですね…。「灰汁」って、読めますか?

知っている言葉でも、漢字で書かれると読めないもの、あるいは、簡単な漢字で書かれているのに読めないもの、けっこうありますよね。

これまでの「意外と読めない」シリーズでは、「間髪をいれず」、「偶々」、「態々」、「祝言」、「健か」、「湯湯婆」、「不束」、「長閑」、「挙って」、「詳らか」といった、読めそうなのに読めない漢字を出題してきましたが、今回はこちらの漢字です!

「灰汁」って、読める?

「あ! これなら読める!」

「え……? わからない……!」

どちらの声も同じくらい聞こえてきそうです。

今回は、ふだん料理をしているかどうかが、分かれ目の予感……?

別の視点からヒントも! 「灰汁の強い人」なんていう人を例える言葉もあります。
これであまり料理に関して詳しくない人もわかったのでは?

■正解者は半数以上!

CanCam世代の女子に読み方を聞いてみた結果がコチラ!

読めた人と読めなかった人で、だいたい半々に分かれましたね。

さあ、あなたはどちらでしたか?

■答えは…コチラ!

正解はコチラです!

「あく」でした!

煮込みなどを作っていると、表面に浮かぶアレですね。
この時季は特に鍋を食べることも多いと思いますが、丁寧な灰汁取りは大切です。

火鍋、白湯鍋、ミルフィーユ鍋……。想像するだけで、お腹が空いてきました…。

ちなみに灰汁とは

1 植物を焼いた灰を水に浸して得る上澄み液。アルカリ性を示し、古来、洗剤・漂白剤として、また染色などに用いる。
2 山菜や野草などに含まれる、渋み・えぐみなどのもとになる成分。「ウドの―を抜く」
3 肉などを煮たときに、煮汁の表面に浮き出る白く濁ったもの。「スープの―をすくい取る」
4 独特のしつこさや粘っこさなどがあって、なじみにくい個性。「―の強い人」

“あく【灰汁】”, デジタル大辞泉, JapanKnowledge, http://japanknowledge.com, (参照 2017-11-07)

という意味。
もともとは、植物を灰にした水に浸して得る上澄み液のことなので、灰+汁と書くんですね!

お料理のときは上手に灰汁取りをして、おいしくいただきましょう。(薄井大輔)

★さぁチャレンジ!漢字クイズ一覧

【あわせて読みたい】

※当てはまる人もきっといる!「下戸」って、当然読めますよね?

※「挙って」って、読める?「あがって」じゃないよ!正答率8%の超難問

※正解率34%!「懇ろ」の読み方は?「むしろ」じゃないよ

※正解率16%!「束子」って読めますか?年末には大活躍のアレです

※「すいません」「すみません」どっちが正しい?使用率は半々だけど…

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン