2017/11/22 06:15

小説のタイトルにもなっている!「細雪」、もちろん読めますよね?

■古典名作のタイトルにもなっています!「細雪」って、読めますか?

知っている言葉でも、漢字で書かれると読めないもの、あるいは、簡単な漢字で書かれているのに読めないもの、けっこうありますよね。

これまでの「意外と読めない」シリーズでは、「間髪をいれず」、「偶々」、「態々」、「祝言」、「健か」、「湯湯婆」、「不束」、「長閑」、「挙って」、「詳らか」といった、読めそうなのに読めない漢字を出題してきましたが、今回はこちらの漢字です!

「細雪」って、読める?

「ほそゆき!!」

……もちろん違います。

みなさんは分かりますか?

■正解率は42%!

CanCam世代の女子に読み方を聞いてみた結果がコチラ!

今回の正解率は42%!

なるほど、なかなかの健闘っぷりです。

では、サクッと答えに移ってしまいましょう!

■答えは…コチラ!

正解はコチラです!

「ささめゆき」でした!!

今回は「ささゆき」や「さざめゆき」など、惜しい回答も多く見受けられました。

谷崎潤一郎の長編小説のタイトルになっているため、よく知られた単語かもしれません。
ちなみに、冒頭の文には「刷毛」という単語が出てきます。読み方、覚えていますか?

意味は文字通り「こまかい雪。また、まばらに降る雪」(『デジタル大辞泉』より引用)ですね。

今シーズンも細雪が街に降るのでしょうか。(薄井大輔)

★さぁチャレンジ!漢字クイズ一覧

【あわせて読みたい】

※当てはまる人もきっといる!「下戸」って、当然読めますよね?

※「挙って」って、読める?「あがって」じゃないよ!正答率8%の超難問

※正解率34%!「懇ろ」の読み方は?「むしろ」じゃないよ

※正解率16%!「束子」って読めますか?年末には大活躍のアレです

※「すいません」「すみません」どっちが正しい?使用率は半々だけど…

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >