2017/11/12 07:00

いつまでもラブラブ「夫婦円満のためにしてること」3位は相手を尊重、1位は…

大好きな彼と結婚したら、ずーっとラブラブでいたいですよね。「夫婦円満」には何が必要なのでしょうか?

(c)shutterstock.com

楽天リサーチ株式会社が全国の20〜60代の男女1,000人に「結婚に関する調査」を実施。結果を見てみましょう。

■いつまでもラブラブに…夫婦円満のために努力していることランキング!

10位 SNS・メッセージアプリ・メールでコミュニケーションをとる
「これから帰るよ〜」などちょっとしたことでも連絡があると、夫婦として繋がっている感がありますよね。

9位 相手の好みに合わせる
食の好みや、ヘアスタイルなどいろいろ好みがありますよね。好みに合わせて相手が喜んでくれたら、こちらも嬉しいですよね。

8位 共通の趣味を持つ
これはよく聞きますよね。共通の趣味があれば、自然と会話も生まれますし、一緒に過ごす時間も増えます。

7位 相手を褒めるようにする
なんでもかんでも褒めるのは大変ですが、ちょっと褒めると相手の機嫌が良くなり、結果自分もいい気分になりますよね。

6位 スキンシップをとる
欧米人のように毎日キスとまではいかなくても、一緒にテレビを見ている時にくっついてみたり、ちょっと肩に触れてみたりすると、ぐっと距離が近くなりますよね。

5位 一緒にいる時間を作るようにする
すれ違いにならないように、特別なことをしなくても一緒の空間で過ごすことが大切です。

4位 挨拶をする
当たり前だけど、「おはよう」や「おやすみ」から始まり、「ありがとう」も忘れずにしたい!

3位 相手の意思を尊重する
元は赤の他人同士の夫婦。意見が違うのは当たり前ですよね。意思の相違があった時、毎回自分の思いを通すのではなく、一度相手の考えを飲み込んであげると円満に。

2位 一日一度は必ず直接話す
今日あった出来事や、週末の話など、たわいもない話が一日一度きちんとできる夫婦は長続きすると思います。何気ない会話から悩みや、心配事など聞きだせますもんね。

1位 できるだけ一緒に食事をする
「食事」は2位の「直接話す」や5位の「一緒にいる時間」など、いくつもの項目をクリアにできますよね。朝ごはんなら今日一日どう過ごすか、夜ご飯なら今日あった出来事など話せます。やはりコミュニケーションが夫婦仲を円満に保つよう。

いかがでしたか? よく離婚理由に「考えの違い」や「すれ違い」なんて聞きますよね。それを防ぐには日々の“コミュニケーション”が欠かせないのではないでしょうか。毎日一緒に暮らす夫婦だからこそ、風通しが良く、信用できる関係性を築きたいですね。(あおいあん)

情報提供元:楽天リサーチ株式会社

【あわせて読みたい】

※ねぇ、これで「夫婦の助け合い」できてるつもり?お互いの意識の差がすごいことに…

※「夫婦ゲンカのもと」になっている家事、2位は掃除、1位は?

※いつまでもラブラブ♡「仲良し夫婦」になる3つのルール!

※夫婦別姓、別居婚…イマドキ男女が考える「結婚後の理想の生活スタイル」とは?

※家族よりひとりの時間が大事なのは…共働き夫婦の癒しの場が男女でこんなに違った!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >