2017/12/01 11:30

冬の乾燥肌、もうヤダ!超簡単にできる、肌荒れを防ぐための5つの生活習慣

本格的に冬突入! 肌荒れに悩んでいる……という方も、多いのではないでしょうか。

冬の乾燥はもちろん、夏の日焼けによる肌疲労が蓄積したまま秋になり、解消しきれないままに冬になってしまった……という方など、この季節は何かと肌トラブルが多い季節。
しっかり朝晩スキンケアをしているはずなのに、それでも改善しない! という方のために、敏感肌専門ブランド「DECENCIA」が提案する、冬の肌ケアをご紹介します。

◆そもそも、どうして冬は肌荒れするの?

冬は気温・湿度ともに最も低くなる時期。気温・湿度が低下し、外気の水分量が下がることにより、角層の水分蒸散量が増え、肌が乾燥状態になる=肌の脱水症状が起こっているのです。実際、30~50代の女性481名に「冬の肌」に関するアンケート調査を行ったところ、やはり94.2%が「冬に肌の乾燥を感じる」と回答!

さらに、30代以上は肌の皮脂量が低下します。肌の皮脂量が低下すると、バリア機能が乱れ、水分蒸散がすすみ、肌の乾燥をより感じやすくなってしまいます。
そして冬は夏よりも水分摂取量が少なくなる、と回答した方が85%以上も……! 実は、水分摂取量が少なくなることにより、体のめぐりや血流が悪くなり、むくみや冷えが発生し、肌荒れにもつながっているのです。

……思い当たる方も多いことでしょう。
というわけで、早速冬に行いたい「保湿ケア」と「めぐりケア」をご紹介します!

【1】読んだらすぐ試したい、ホットタオル美容(c)Shutterstock.com

冬は保湿効果の高いスキンケアアイテムに切り替える方も多いですよね。けれど、どれだけ保湿効果の高いものを使っても、浸透しなければ効果は発揮されません!
そこでおすすめなのが、「ホットタオル」を使った、スキンケアの浸透を高める肌の土台づくり。
やり方は簡単。洗顔後、水分を含んだフェイスタオルを電子レンジで30秒~1分程度あたためて肌にのせるだけ。これだけで肌が柔らかくなり、その後のスキンケアの浸透力が一気に高まります。

【2】冬になったらクリームをプラス!

化粧水や乳液を使って保湿しても、それが飛んでしまっては台無し。クリームでしっかりふたをして、肌内部まで浸透させることが重要です。
クリームはべたべたするイメージがある……という方も、今はそうではないクリームもたくさん出ているので、自分に合うものを見つけましょう。

【3】水分補給の際はカフェインに注意!(c)Shutterstock.com

「仕事中はコーヒーでたくさん水分補給しているから大丈夫……」と思っている方、要注意です。お茶やコーヒーに含まれているカフェインには利尿作用があり、水分を摂取したつもりでもすぐに排出されてしまいます。カフェインを含む飲み物を摂る際は、一緒にコップ1杯程度にお水をとりましょう。

【4】血液の流れを良くする食材を積極的に(c)Shutterstock.com

体のめぐりを良くすることで、むくみや冷え、肌荒れを防ぐことができます。
血液をサラサラにしてくれる効果のある青魚や、血管内にできた血栓を溶かす働きのある納豆などは積極的にいただきましょう。

【5】適度なストレッチを取り入れる

長時間同じ姿勢でいると血液のめぐりが悪くなり、むくみやすい体へと近づいてしまいます。さらに、肩こりや疲労の原因にもなるため、仕事中でも気づいたときに伸びをしたり、ストレッチをしたりと、適度に動くだけでもかなり変わってきます。

肌荒れが気になる……という方、是非できるものから取り入れてみてくださいね♪(後藤香織)

★実は、それ間違ってます!毛穴ケア専門店に聞いた「やってはいけないスキンケア」4つ

【あわせて読みたい】

※冬の乾燥どうしよう!保湿レスキューQ&A【スキンケア編】

※毛穴の専門家が教える!冬こそやってほしい毎日のスキンケアでできる「毛穴ケア」方法3つ

※最も肌が乾燥していそうな都道府県ランキング!ダントツ1位は…

※中村アンも乾燥肌で悩んでいた!肌づくりのポイントは「肌、食、運動」

※冬の必需品!乾燥から潤いリップを死守する方法|it girl今悠花

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >