2017/06/05 19:45

眼科専門医が教える。目の健康にいいサングラスの色目とは?

目の健康にいいサングラスの色目とは?
目の健康にいいサングラスの色目とは?

紫外線が目の健康に悪いことが叫ばれています。筆者は先日、目を保護するためのサングラスを購入しようとしましたが、店頭には色も形もデザインも値段も多種多彩に並んでいて、どれにすればいいのか分からず、買わずに帰ってきました。

「実は紫外線をカットせずに、むしろ目に取り込んで害を与えるサングラスもたくさんあります」と話すのは、眼科専門医でみさき眼科クリニック(東京都渋谷区)の石岡みさき院長。サングラスの選びかたについて、詳しいお話を伺いました。

目の紫外線予防は一年中必要

はじめに石岡医師は、紫外線が目に与える影響について次のように説明をします。

「紫外線には3種類がありますが、地上に届くのは、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2つです。UVAは波長が長く、肌の表皮の奥の真皮層まで浸透しやすくて肌を黒くします。これが目に入ると目の奥にあってレンズの役割を果たす『水晶体』まで届きます。

長くUVAにさらされると、水晶体をつくっているタンパク質が酸化して白く濁るように変性します。これは視力が低下する、陽の光が異常にまぶしいなどの症状を伴う『白内障』と言う目の病気の原因となります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >