2017/06/12 20:30

仕事のモチベーションアップにも…育児休暇を取得したい男性が4割超

育児休暇を取得したい男性が4割超
育児休暇を取得したい男性が4割超

「家事」や「育児」と言うと、まだまだ女性の役割と思われている部分もありますが、女性の社会進出が進み仕事を持つのが当たり前になった今、「そんなこと言ってたら回らない」「なぜ女性だけが仕事と家事・育児の両立なの?」という声や不満がいろいろなところから噴き出しています。と、同時に男性の育児休暇取得にも社会の関心が集まっています。

リクルートグループのリクルートコミュニケーションズがこのほど、全国の20〜50代の子どもがいる一般男性190人にアンケート調査を実施したところ、会社の制度で認められるならば男性も「育児休暇」の取得に前向きであることがわかりました。

子どもの誕生で家事・育児の時間が増えた

まず、「子どもの誕生をきっかけに、ご自身が家事・育児を行う時間は増えましたか?」という質問に、62.6%の男性が「増えた」と回答。「変わらない」と回答した人(34.7%)よりも多い結果になりました。

「増えた」と回答した人の理由を見てみると、「子どもの誕生により妻の負担が増えたため、家事・育児を分担する必要があると感じたから」が33.6%と最も多く、次いで「子どもに向き合う時間を確保したいから」(30.3%)、「妻の要望に応じて」(11.8%)、「特に意識せず自然と行っていた」(11.8%)、「男性も家事・育児を行うのが当然だと思うから」(10.9%)となりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >