2017/06/26 21:01

30代、もう失敗できないって思ってない? 働き女子の“焦り”を先輩にぶつけてみた

「働く女性」と言うと、すぐに「輝け」だの「仕事と家事の両立ができる女性がすばらしい」と言われることが多い昨今。

「働くキラキラ女子」がメディアで取り上げられるたびに「私はできていない」「仕事と家事の両立なんて無理!」と自己嫌悪に陥ったり、不安に思ったりする人も多いのではないでしょうか?

大手化粧品メーカー「エイボン」のマーケティング本部で看板ブランド「ミッション」の商品開発を手がける関本由紀子さん(43)。31年目を迎える基幹スキンケアブランド「ミッション Y」の開発責任者で、プライベートでは8歳と5歳の2児の母です。

と、ここまで聞くと「ああ、やっぱりメディアで取り上げられるようなスーパーウーマンなのね」と思ってしまいますが……。前回は関本さんの「人の手を借りる」子育てや「仕事と家庭の両立」について話を聞きました。

今回は、関本さんの30代の頃の葛藤や失敗、仕事について聞きます。

「子どもを犠牲にしている」という葛藤

——前回、関本さんが仕事と家庭で「両立なんてできていない。いっぱいいっぱいのところでなんとか帳尻を合わせている」と聞いて安心しました。でも、やっぱり子どもを産んでも第一線で働いていらっしゃるのはすごいなと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >