2017/07/03 20:45

ここではないどこかに憧れる貴女へ「東京以外」に拠点を持って気づいたこと

「東京以外」という選択肢を持つこと
「東京以外」という選択肢を持つこと

東京は好きだけど、人も情報も多すぎてなんだか毎日振り回されているような気がする……。「時間や場所に縛られずに生活してみたい」「自然がいっぱいの地方でゆったり暮らしてみたい」。

とはいえ、地方完全な移住はハードルが高め。 ならば、今の居場所を保ったまま都会と地方のメリットを両方楽しめる「多拠点生活」を考えてみるのはいかがでしょうか。

2011年から、東京・軽井沢・福井で多拠点生活をしているのは、イラストレーターの松尾たいこ(まつお・たいこ)さん。「32歳で上京して以来、ずっと東京が好き。他の場所で暮らそうなんて、考えたこともありませんでした」と話す彼女が実際に多拠点生活をはじめるまでの経緯や、新しい生活を通して見つけた自分自身の変化について聞いてみました。

多拠点生活のきっかけはリスクヘッジ

——東日本大震災が、他拠点生活のきっかけになったそうですね。

松尾たいこさん(以下、松尾):はい。あの震災をきっかけに、私のメンタルが弱ってしまったんです。もし東京で何か起きたら、家と仕事を同時に失ってしまうんだなって。当時は大型犬もいたから、避難所にも入れないだろうと感じました。この不安を解消するには、東京以外にも拠点を構えたほうがいいと思ったんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >